【本の感想】横山秀夫『ノースライト』

横山秀夫『ノースライト』

2019年 週刊文春ミステリーベスト10 国内部門 第1位。
2020年 このミステリーがすごい! 国内編 第2位。

今日、12月25日は、長女の17回目の誕生日。諸般の事情により、小学生の頃から離れて暮らしていて、高校生となった今は、LINEでたまに連絡を取るぐらいです(月のおこずかいも銀行振り込みだし)。ホワイトクリスマスは、長女が生まれた大雪の日を一人で思い出すのが、ここ何年が続いています。この日から正月にかけては、家族の不在が身に染みて堪えるのですよ。

横山秀夫『ノースライト』は、再生の物語です。

D県警シリーズ、F県警シリーズといった、事件をとりまく男たちが沸騰する警察小説・・・とは全く異なります。ノンフィクション『平和の芽』以外の作品は目を通しているので、いつもの横山節を想像していたのですが、これはハズレました。登場人物らがイラっとするシーンには、沸騰感が見え隠れはします。しかし、本作品は、ミステリとしては、サスペンスフルな展開よりも、叙情的なシーンが勝っているのです。テーマは違いますが、叙情的という意味において『出口のない海』に近いでしょうか。

一級建築士 青瀬稔は、バブル崩壊のあおりを受け建築会社をリストラされた挙句、妻ゆかりと離婚し、娘日向子を手放して、やもめ暮らし。現在は、大学時代の友人 岡嶋昭彦が経営する社員5人の設計事務所に身を寄せています。大企業でバリバリと働いていた男が、仕事と家族を失い、くすぶっているという設定です。

そんな青瀬が今の設計事務所で手掛けたのが、吉野陶太から依頼され、信濃追分の地に建てたY邸。Y邸は、吉野から「あなた自身が住みたい家を建てて下さい」とだけ注文された木の家でした。大手出版社から評価されたY邸ですが、引き渡しから、吉野一家が居住していないらしいとの連絡が入ります。家族5人で住むために、3千万を支払い建てた家なのに何故?建築士のプライドを傷つけられた青瀬は、吉野の足取りを調べ始めます。ヒントは、Y邸に置かれたブルーノ・タウトの手によると思われる一脚の椅子です。

本作品では、戦前日本で工芸指導をしたドイツの建築家タウトに関する言及に、多くのページ数が割かれています。なるほど、重要なキーワードで、タウトその人に興味を惹かれはするのですが、著者の思い入れの熱量が強すぎるようにも感じます。

仕事の合間をぬって、東奔西走し、吉野の行方を探しめ求める青瀬。やがて、吉野の失踪に関係していると思しき女と男の影が浮かび上がります。折しも、岡嶋設計事務所は、非業の死を遂げた孤高の画家の記念館「藤宮春子メモワール」コンペに参加することが決まり、多忙の日々を迎えようとしていました。

本作品のこのあたりまでは、スピード感はそれほどではないものの、ばら撒かれた謎の真相が、多いに気になります。ダムの工事現場を「渡り」歩く生活をしていた少年の頃の青瀬の家族、破綻してしまった青瀬の家族、失踪した吉野の家族、そして岡嶋の家族。本作品は、家族の物語を幾重にも重なり合わせながら、ストーリーに厚味を持たせています。

後半は、吉野の失踪に隠された哀しい真実が判明するのと並行して、岡嶋設計事務所に大事件が発生します。ここからの流れは、ドラマチックであるし、ワクワクすることは確実なのですが、登場人物が皆、良い人ばかりなので、却って素直に感じ入ることができなくなってしまいました。ここはひとつ、横山節が欲しいところです。

惰性で仕事を続けてきた青柳は、真相に辿り着く過程で、様々な人々の善意に触れ、そして悲しみを乗り越え、再生へと向かっていきます。ラストは、ほんのりと温かな気持ちになるでしょう。うんうん、家族っていいなぁ。加えて、「同心梅」・・・ステキな言葉ですね。

さて、今日の娘の誕生日のおこずかいは、手渡しにしよう。カレシと会う合間に時間をもらわねば・・・

2020年 西島秀俊、北村一輝、宮沢りえ 出演 ドラマ『ノースライト』が放映されました。

  • その他の横山秀夫 作品の感想は関連記事をご覧下さい。