【本の感想】横山秀夫『影踏み』

本の感想 横山秀夫『影踏み』

D県警シリーズ、F県警シリーズなど、組織としての警察を活写し、異色の警察小説をものした横山秀夫。『影踏み』は、”ノビ師”といわれる侵入盗(つまり泥棒)が主役の連作短編集です。

1話完結で全7話が収録されていますが、全話で長編小説の流れを形成しており、読み応えのある作品集となっています。人間の本質を抉っていく横山節は、これまでの作品と同様です。ただ、泥棒という追われるものを主役に据えているためか、切迫感をともなった重苦しさと切なさが全編を通して漂っています。

物語は、真壁修一、通称ノビカベが出所するシーンから始まります。

<<修兄ィ、おめでとさん! えーと、まずはご保護司さんのとこ?>>

真壁には、聞こえる双子の弟 啓二の声。しかし、啓二は、この世にいません。母親が、身を持ち崩した啓二に悲観し、無理心中してしまったのです。真壁は、啓二の声とともに、元の世界へ舞い戻っていきます。

なぜ弁護士を目指していた真壁が泥棒になったのか、なぜ啓二は荒んだ人生を歩むようになったのか、そして、なぜ死んだ啓二の声が中耳に響くのかが、読み進めていくうちに明らかになっていきます。これらが、一話毎のテーマとなって、物語に深みを増していくのです。横山秀夫さんの短編のキレの良さが、遺憾なく発揮されている連作短編集です。

■消息
真壁は、逮捕された時から、違和感を持ち続けていました。侵入した家の女が、隣で寝ている夫への殺意を放散していたのです。女が寝ていなかったと確信している真壁は、真相を知るべく、その女の行方を探し始めます ・・・

自身の逮捕された状況を知ろうと、恋人 久子の自転車にまたがり、調査を進める真壁。真壁の洞察力、啓二の記憶力によって、たどり着いた真実には、逃げ場のない悲しさだけが残ります。

■刻印
幼なじみの刑事 吉川、死す。吉川殺害の疑いをもたれた真壁は、吉川の愛人周辺に探りを入れていき ・・・

「消息」の顛末が語られる作品です。一旦関わりを持つと放って置くことができない、真壁の正義感が描かれています。

■抱擁
久子の務める保育園で盗難が発生。真壁との関係から白い目で見られる久子。真壁は、盗難現場に侵入し、そして真相を暴き出す ・・・

久子を想いながら、寄り添うことができない真壁。真壁の葛藤は、啓二への贖罪の気持ちと相まって、全編に通底音として流れています。

■業火
暴力団による無差別の盗っ人狩りに狙われた真壁。病院送りになるほど痛めつけられた真壁は、盗っ人狩りの理由を探っていく ・・・

真壁の不撓不屈さが印象的な作品です。

■使徒
真壁が引き受けたムショ仲間からの頼みごと。それは、「サンタクロースをやってくれ」だった。プレゼントを携え、指定された家に侵入する真壁だったのですが ・・・

O.ヘンリを彷彿する、ハートウォーミングな作品です。意外な結末も素敵。

■遺言
盗っ人狩りにあい昏睡状態だった黛が死んだ。死に立ち会った真壁は、黛のうわ言をもとに、父親を探し出そうとします ・・・

父親に使えたかった黛の遺言とは何か。真壁の人情の中に厳しさが垣間見える作品です。

■行方
見合い相手の弟から、ストーカーまがいの行為を受けている久子。真壁は、久子の窮状を見かねて、その男 久能を調べ始めます。久能は、真壁と同じ、双子の兄弟だった ・・・

久子を救うため、自分の未来を閉ざそうとする真壁が描かれています。すべてを解決したとき、啓二の語る自身の死の真相が痛々しいですね。真壁の耳から去ろうとする啓二。真壁のこれからはどうなるのか。幸福が見えない中にあっても、ひと時の安らぎを感じさせてくれます。ラストを飾るにふさわしい余韻を残す作品です。

本作品が原作の映画『影踏み』は、2019年11月公開です。

映画「影踏み」
  • その他の横山秀夫作品の感想は関連記事をご覧ください。