【本の感想】西加奈子『漁港の肉子ちゃん』

西加奈子『漁港の肉子ちゃん』

糞男に翻弄され続けた母親、そして彼女の小学生の娘。そんな母娘が放浪の果てに流れ着いたのは、とある漁港の町。

西加奈子『漁港の肉子ちゃん』は、クスクス笑いとほんわかな優しさとちょっと不思議が混在した、著者”らしい”作品です。

快活極まるエキセントリックな性格の菊子、通称 肉子ちゃん。悩める娘 喜久子、通称キクりん。 本作品を読み進めると、愛称の通りルックスが???な肉子ちゃんと美少女のキクりん の母娘愛が溢れ出てきます。

人を信じでは裏切られ、大きな借金を抱えても、笑顔で力強く生きていく肉子ちゃん。オリジナリティあふるる日本語を使いながら、勝手な理屈で周囲を混乱させても、キクりんは肉子ちゃんが大好き。そんな肉子ちゃんに新しい男が!?キクりんは複雑です。

天真爛漫で天使過ぎるキャラ肉子ちゃんのチャーミングさに惹かれるかどうかが、本作品を気に入るか否かの分かれ道。なんかあざとい!とか、こんな人いるかい!とか思っちゃったら合わないかもしれませんね。肉子ちゃんのピュアさは、まるで御伽噺並みなのです。

焼肉屋のおやじサッサン、変顔少年 二宮をはじめ、母娘二人を取り巻く漁村の人々(そして、キクりんにしか見えない三つ子の幽霊?)が、善意に満ち満ちていてとても良い味を出しています。キャラが立つとは、こういうことを言うのでしょう。すっかり読書の愉悦を堪能してしまいました。

クスクス笑いよ永遠なれ!と思ったところで、しか~し、作品の調子が変わります。クライマックスにかけて、肉子ちゃんとキクりん母娘の哀しい過去が明らかになるのです。著者の作品は、油断しているとちょっとした残酷さを放り込んできます。このあたりから、胸の奥がシクシクとしてくるのです。母娘の絆が試される時。全てを分かち合えた母娘に心を揺さぶられ、一層二人のことが愛おしく思えてしまいました。

肉子ちゃん流に本作品を簡単に紹介するなら「いや、笑ろたっ!そして、感動したっ!逆境を跳ね返す勇気を貰えるねっ!」かな。本作品は、逞しき女性の物語なのです。

  • その他の西加奈子 作品の感想は関連記事をご覧下さい。