【本の感想】西加奈子『きりこについて』

本の感想 西加奈子『きりこについて』

小さい頃から自分は可愛いと思っていた きりこ。圧倒的な自尊心で、同い年のお子様らも、きりこ=可愛いで納得してしまうのでした。

実際は、非美人(!)であり、うすうす気づきながらも、きりこ を崇拝するお子様たち。 きりこの一挙手一投足に、???となりながらも振り回される様が、笑えます。

確かに小さい頃は、非美人であろうが、非痩身(!)であろうが、お子様ワールドにはささいな事です(幼少の頃、肥満児だった自分が言うのはなんですが)。

しかし、そんな きりこ小5の折、衝撃的な転機が訪れます。なんと、”ぶす”(直截的な表現お許しを)だと気付かされるのです。秘かに きりこを小憎らしく思っていた自分には、ややスッキリなシーンです。人生そんなに上手くいかないのだよ。

本人と周りの(好意的な)勘違いで、それまでリーダーシップをとっていた きりこでしたが、長づるに従って人気者からどん底人生へまっしぐらとなるのです。

ここまでか!と思うほどの著者の”ぶす”描写は、迫力満点です。なるほどこれは”ぶす”であると納得せざるを得えません。

きりこの親友は天才猫のラムセス二世。心温まる(?)交流が愉快です。著者の作品は、ちょっと不思議系のワンポイントが魅力で、本作品は人語を解する(と思われる)ラムセス二世の、人となり、ならぬ猫となりに注目です。

地獄の窯の蓋が開いた如くのどん底の きりこ。ついに引きこもりとなってしまいます。”ぶす”という蔑みに、粉々になった自尊心。はてさて、きりこは、どうなってしまう?・・・

後半にかけては、ひとつの出会いから人生の転機を迎える きりこが描かれます。人生の頂点から急降下のきりこ。 やがて、きりこは、逆境にあるものへのアツイ想いに目覚めるのです。笑いの中に酷いともいえる苦さがくわわるのは、これまた著者の作品に多くみられますね。

本作品は、長じた きりこが色々学んじゃうことを通して、読者へも勇気を与える人生の教科書になっています。前半の飛ばし気味の笑いは失速するのですが、愉しく読ませていただきました。

自分のしたいことを、叶えてあげるんは、自分しかおらん。

ちなみに、自分は今でも”でぶ”という言葉を聞くとピクっとします。小学校で、身体検査の結果に「肥満症の疑いあり」と書かれ自分が”でぶ”と気づいたのでした。おんなじ~。