【本の感想】横山秀夫『64 (ロクヨン)』

2012年 週刊文春ミステリーベスト10 国内部門第1位。
2013年 このミステリーがすごい! 国内編第1位。


人殺しも悪徳政治家も存在しない世界で、人殺しや悪徳政治家を捩じ伏せる以上のエネルギーを消費し、神経を擦り減らし、目的とも呼べぬ目的に向かって闇雲に歩を進めている 。

本の感想 横山秀夫『64』

D県警警務部秘書課 三上広報官は、こう独り言ちます。

魂を刑事という現場に残しながら、スタッフ部門である警務部へ異動となった三上。三上は、上司への物言いを厭わず、開かれた広報として改革に専心する日々を送っていました。三上を突き動かすのは、刑事としての矜持、そして、いずれ現場へ復帰するという望み。

しかし、娘あゆみの失踪が、三上を警務部の犬へ落としめます。キャリアである赤間部長があゆみの捜査協力と引き換えに三上を骨抜きにしてしまったのです。三上は、若い新聞記者から変節をなじられ、古巣の刑事部から疎まれるようになって ・・・

組織の力学に翻弄され、屈辱的な指示であっても飲み込まざるを得ない。目の前の課題をひたすら潰していくしかない毎日です。自分の折れていく翼を見る辛さは、中年という年齢にさしかかった大半の男女がいやでも経験します。自身の理想とする正義から遠く離れてしまった冒頭のつぶやきは、自分の人生の一部と重なるところがあります。だから三上の打算一歩手前で揺れ動く気持ちに、イラだってしまうのです。

昭和の最後の年に発生した未解決誘拐事件 符牒「64=ロクヨン」の時効を前に、警察庁長官の視察が決まります。「64」は身代金ととも犯人を逃し、あげく人質の少女を殺されしまうというD県警の大失態。この過去のものとなりつつある事件が、14年たった今、D県警を真っ二つにする激震として襲いくるのでした。

広報官としての三上は、長官による遺族の弔問、そして新聞記者によるぶらさがり取材を成功させなければなりません。しかし、新聞記者たちとの軋轢は大きく取材ボイコットまで発展しており、遺族は長官との面会を拒んでいます。相次ぐ難題に疲弊する広報室の面々。三上の打ち出す方針に、部下たちは不満を募らせていきます。

三上は様々な記者、遺族に懐柔策を試みるうち、いつしか「64」に隠された真実に辿りついてしまいます。そして、「64」という亡霊は、今、新たな誘拐事件としてD県警も前に現れて ・・・ とつづきます。

いくつも張りめぐららされた伏線が、ラストに一気に回収されいく爽快感が味わえる上質のミステリ ・・・ なわけなのですが、しかし、本作品はそこに様々な人々の息遣いが聞こえてくるため、質量(?)が違います。こんな顛末でした、だけじゃ終わらない重量感があるのです。読み進めていくと、著者独特の怒りや悲しみがないまぜになった沸騰感だけではなく、喜びや希望を見いだすことができるでしょう。

勤め人として失意にさらされていた三上は、「64」に関わることによって、自分と対話し、大切なものに気づいていきます。前半、イライラしていた分、三上がアツイ思いを語るあたりから、随分、うるうるさせられました。

自分は本作品を男の矜持の物語として読みました。本作品の素晴らしさは、親子の物語としても夫婦の物語としても友情の物語としても、その人のその時に応じた読み方ができるように思います。ミステリという枠だけにおさめちゃもったいないんです。

さて、D県警シリーズといえば人事担当のエリート二渡警視です。本作品では三上の高校の部活仲間であり、謎の行動で三上らを翻弄する得体の知れないヤツとして描かれています。「陰の季節」の刑事部長OB尾坂部も登場するのですが、二渡、尾坂部ともにいい味だしていますよね。

ピエール瀧主演 NHK土曜ドラマ『64』

2015年ピエール瀧主演 NHK土曜ドラマ『64』はこちら。

佐藤浩市主演映画『64』

2016年公開 佐藤浩市主演映画『64』はこちら。前後編の二部作です。原作のその後が描かれていて、これについては好き嫌いが分かれるでしょうね。自分は原作のままが良かった。観応えはあるのですが。

映画「64 ロクヨン」
  • その他の横山秀夫作品の感想は関連記事をご覧ください。