【本の感想】吉田修一『春、バーニーズで』

吉田修一『春、バーニーズで』は、デビュー作『最後の息子』の登場人物 筒井が主役の連作短編集です。

『最後の息子』の筒井は、新宿のオカマ閻魔ちゃんと同棲していました。閻魔ちゃんに愛想をつかされるように、金をくすねたり、足蹴にしたりで気を引く、なんとも物哀しさが漂う自堕落でモラトリアムな男でした。

10年後の筒井は、会社に務め、子連れの女性 瞳と結婚し、まっとうな人生を歩んでいるようです。多少のぎくしゃくはあるとして、連れ子の文樹とも、瞳の母とも上手くいっているし、幸福とよべる日々を過ごしているのです。

本短編集の「春、バーニーズで」、「パパが電車をおりるころ」、「夫婦の悪戯」は、筒井の目から見た日常が活写されています。

10年前に比べると、あまりに平々凡々たる日々。

そんな中にも、違う人生が、染みのように影を落としていくようです。「春、バーニーズで」の再会した閻魔ちゃん、「パパが電車をおりるころ」のマックで隣り合わせた女性、「夫婦の悪戯」のはからずも告白してしまった男性との同棲生活。

ついに「パーキングエリア」で筒井は、出勤途中、誰にも行方を告げずにふらりと遠出をしてしまいます。

別な生き方があったことにふと思いいたり、今のレールから外れてみたくなる というところでしょうか。このあたりの感情的な動きは、「最後の息子」を読んでいた方がわかりやすいと思います。

最後の短編「楽園」では、”二つの時間を同時に過ごしている”ことを楽園として示唆しているようです。

なるほどね。もう一つの人生に楽園を思い描いちゃうっていうのは、特に中年に差し掛かる頃は良くありますね(それを過ぎると妄想力は減衰しちゃいます)。

本短編集は、モノクロ写真のページが挿入されていて、フォトブックのような体裁です。筒井が見たり、感じたりするものを表しているのか。筒井の揺れ動いている感情を、つかむことはできると思います。

それにしても、自分の中では、閻魔ちゃんは、いつもマツコなのだけど、どうでしょうか。

2006年放映 西島秀俊、寺島しのぶ、栗山千明 出演 WOWOW『春、バーニーズで』

2006年放映 西島秀俊、寺島しのぶ、栗山千明 出演 WOWOW『春、バーニーズで』はこちら

  • その他の吉田修一作品の感想は関連記事をご覧ください。