【本の感想】吉田修一『さよなら渓谷』

本の感想 吉田修一『さよなら渓谷』

景勝地として人気の高い桂川渓谷で発見された幼児の死体。殺人事件の容疑者として逮捕されたのは、渓谷近隣の寂れた市営団地に暮らす幼児の母親 立花里美でした。里美は取り調べで、隣家に住む尾崎俊介の関与をほのめかします。母子家庭の母 里美と俊介に男女の関係があったというのです。全く身に覚ええのない俊介ですが、無実を知っているはずの妻かなこ は、二人の関係を認める発言をしてしまいます。

戸惑う俊介は、なぜか警察の取り調べで里美とかなこの証言が真実であると語り始めます。俊介の行動に疑問を抱いた週刊誌記者 渡辺は、事件の背景を探るうちに、尾崎夫妻の隠された過去に気がついていくのです ・・・

吉田修一『さよなら渓谷』は、殺人事件そのものをテーマとするミステリとは違います。事件は、俊介とかなこの凍りついたような不可思議な関係が、動き出すきっかけにすぎません。心を抉るような愛憎の物語なのです。湿度が少ないながら、がっちりと気持ちをつかまれてしまうのが、著者の恋愛小説。本作品も、ひとつの愛のかたちを提示する恋愛小説です。

過去の悲惨な出来事から抜け出せない俊介とかなこ。俊介とかなこ がそれでも二人でいる理由、だからこそ離れられない理由は、読み手に大きくのしかかってきます。赦されたいけれど、それは別れを意味する。赦したいけれど、赦すと自分を見失ってしまう。二人の思いが交差する地点で、胸がアツくなってしまいます。

哀しみや憎しみから出発する愛もある。そしてそれは真実の愛に辿り着くのかもしれない。現実的かどうかは別として、自分にとって深い感銘を残したのは確かです。

真木よう子主演映画『さよなら渓谷』

本作品が原作の、2013年公開 真木よう子主演映画『さよなら渓谷』はこちら。

原作も良いけど映像も良いですね。せつない系のストーリーで、俊介役の大西信満がぴったりハマっています。

二人が暮らしをともにするまで、は原作にはありません。そこを冗長ととらえるかどうかで、評価が分かれるでしょうか。

映画「さよなら渓谷」
  • その他の吉田修一作品の感想は関連記事をご覧ください。