【本の感想】乙一『きみにしか聞こえない―CALLING YOU』

角川スニーカー文庫からでている乙一作品は、羽生都のイラストがなんといっても魅力的です。『失踪HOLIDAY』、『さみしさの周波数』、そして『きみにしか聞こえない』。『失はれる物語』(角川文庫)といくつか収録作品がかぶっているのですが、ラノベ的白乙一の世界に浸りたいなら角川スニーカー文庫版が良いです。著者のあとがきも楽しいし。

『きみにしか聞こえない』は、映画化された『Calling You』、『傷-KIZ/KIDS』と、他の作品集には未収録(多分)の『華』 三作品が収録されています。

愁いのある美麗なカラーイラストが、作品の胸をうつ読後感にとてもピッタリ。三作品とも、人恋しくなってしまうような一抹の寂しさが漂っています。

■Calling You
いつもひとりぼっちの女子高生リョウは、皆と同じように携帯電話を持ちたいと思っていました。話す相手すらいないリョウでしたが、ある日、頭の中の携帯電話の呼び出し音が鳴ります。相手はシンヤという、リョウと同じ孤独な高校生でした。頭の中で連絡を取り合ううち、親しくなっていくリョウとシンヤ。やがて、リョウとシンヤは実際に会うことを計画するのですが ・・・

頭の中の携帯電話による会話には、時間のずれがあります。これが本作品のミソ。純度100%のプラトニックな恋愛小説です。設定の面白さに油断していたら、あっと驚されてしまいました。やられた!

■傷-KIZ/KIDS
暴力的なことから特殊学級に編入したオレは、同級生のアサトの不思議な力に気づきます。アサトは、他人の傷を、写し取ることができるのです。苦しんでいる人を癒すため、アサトは、痛みを引き受けはじめます。そんな、アサトを見たオレは、傷の捨て場所を持ちかけます。それは、オレが憎しみをもつ、意識不明の親父の身体でした。 ・・・

清らかな心と持つ少年アサトと、荒んだ少年=オレとの、まさに傷だらけの友情物語。あざとくはありながらも、じんわりと心にしみる作品です。暖かな気持ちにつつまれることでしょう。

■華
事故で入院中の私は、病院の裏庭で奇妙な植物を見つけます。花弁の中心に少女の首が入っており、ハミングしているのです。恋人を亡くし傷ついていた私は、その少女の歌声に、徐々に癒されるようになります。ですが、その曲は、1ヶ月前に自殺した女性がよく口ずさんでいたものでした ・・・

絵画的な美しさをイメージできる作品。単なる怪談話かと思いきや、せつなすぎるどんでん返しが効いています。これまた、やられた!なのですが、イラストとの相乗効果もあって、ちっともオチに気づきませんでした。

清原紘画『きみにしか聞こえない』

「Calling You」が原作の、清原紘画『きみにしか聞こえない』は、こちら。

「Calling You」が原作の、 2007年公開 成海璃子、小出恵介出演『きみにしか聞こえない』はこちら。

 清原 紘 画『傷』

「傷-KIZ/KIDS」が原作の、 清原紘画『傷』はこちら。

2008年公開 小池徹平、玉木宏出演『KIDS~だから僕は生きていく』

「傷-KIZ/KIDS」が原作の、 2008年公開 小池徹平、玉木宏出演『KIDS~だから僕は生きていく』はこちら。

  • その他の乙一作品の感想は関連記事をご覧ください。