【本の感想】乙一『暗黒童話』

本の感想 乙一『暗黒童話』

乙一『暗黒童話』を読んで、手塚治虫『ブラック・ジャック』の「春一番」を思い出しました。角膜の移植を受けた女性が幻影を見るというお話しです(『瞳の中の訪問者』で実写化されています)。

本作品の主人公 女子高生の菜深は、左目の眼球の移植後、見覚えのない人々や風景を実感するようになります。

「春一番」と設定はかなり似ていますが、本作品はグロテスクで幻想的な雰囲気とミステリー作品のような展開という、著者の独特の世界観が堪能できます。

菜深が眼球を失うシーンから本編が始まり、出だしからかなりショッキングです。鴉が盲目の少女のために眼球を運ぶという、一見本編とは無関係な挿話が、一層、不気味な雰囲気を醸し出しています。

快活で学園の人気者だった菜深は、失明のショックで記憶を無くし、人が変わったように内気になってしまいました。あまりの変貌ぶりに同級生や母親にまで愛想を尽かされる菜深。孤独な菜深は、幻想の中に見る人々に親近感を得て、眼球の持ち主を探し出し始めるのでした ・・・

並行して語られるのは、殺戮しても命を失わせない能力を持つ人物の物語。相手を首だけの存在にしても生かし続けさせることができるという異能の連続殺人者です。

菜深の探索行は、やがて殺人者との接点を持つようになります。

眼球の持ち主が殺されことに気づく菜深。菜深に気づかれたことを察知した殺人者。菜深は真相に辿り着くことができるでしょうか。

殺人者に生かされ続けている人々のおどろおどろしい奇怪さは、まさに黒乙一。その中で繰り広げられるクライマックスの緊張感が秀逸です。ミスリードも効いていて、謎解き趣向もバッチリきまっています。挿話される童話の意味が徐々に分かってくるのですが、このあたりの話しの運び方は上手いなぁと感嘆してしまいました。

ラストは切なさ満開ではあるのですが、自分としては違った展開が欲しかったな(贅沢か)。

手塚治虫『ブラック・ジャック』「春一番」

手塚治虫『ブラック・ジャック』「春一番」はこちら。

1977年公開 大林宣彦監督、宍戸錠、片平なぎさ出演 『瞳の中の訪問者』

1977年公開 大林宣彦監督、宍戸錠、片平なぎさ出演 『瞳の中の訪問者』はこちら。宍戸錠がブラック・ジャックで衝撃を受けた少年の頃。しかし、加山雄三(TV版ね)よりはよかったかな。

  • その他の乙一 作品の感想は関連記事をご覧ください。