【本の感想】沼田まほかる『ユリゴコロ』

本の感想 沼田まほかる『ユリゴコロ』

2011年 週刊文春ミステリーベストテン国内部門第6位。
2012年 このミステリーがすごい!国内編第5位。

2012年 第14回大藪春彦賞受賞作。

余命いくばくもない父が隠し持っていた手記。そこには、殺人衝動にかられた女性の人生が刻み込まれていました。沼田まほかる『ユリゴコロ』は、このように衝撃的に幕を開けます。

亡き母親が殺人鬼だったのか?

主人公であるその息子 亮介は逡巡します。手記からあふれ出すのは母 美紗子のおぞましさ。亮介は4冊にわたる美紗子 の人生を読み解いていきます。亮介は、悪意の存在しない快楽殺人者が自分の母であるという事実に向き合うのです。

これは、まさにイヤミス・・・ ・・・

しかしながら、このあり得ざる物語は、読み進めるうちに、心をぎゅっと鷲掴みされてしまいます。

並行して語られるのは、亮介の婚約者 千絵の突然の失踪。二つの物語がどのようにつながっていくのか、どう決着をつけてくれるのかに興味津々です。

本作品は、著者のこれまでの作品のように男に対する怨嗟をまき散らす事はありません。残酷ではあるのですが、予想外の結末には清々しさすら漂うのです。読了してみれば、ひとつの愛のかたちを見出すことになるでしょう。グロテスクさに嫌悪感をもよおす前半を、後半でがらりと変えてしまう、著者のストーリーテラーとしての技がひかります。

常識的に考えればおかしな話なのですが、読了後の感情がそれを凌駕する、まさに読書の愉悦が味わえる作品です。

亜月亮画 漫画『ユリゴコロ』

本作品が原作の、亜月亮画 漫画『ユリゴコロ』はこちら。

2017年公開 吉高由里子主演『ユリゴコロ』

本作品が原作の、2017年公開 吉高由里子主演『ユリゴコロ』はこちら。

映画「ユリゴコロ」
  • その他の沼田まほかる作品の感想は関連記事をご覧ください。