【本の感想】原田マハ『旅屋おかえり』

原田マハ『旅屋おかえり』は、元アイドルにして、今やがげっぷちアラサータレント 丘えりか の奮闘記です。

丘えりか(本名、岡林恵理子)、こと おかえり は、 萬鉄壁社長率いる よろずやプロの唯一のタレント。出演番組は、スポンサーの離脱が甚だしい旅番組『ちょびっ旅』 一本のみです。青息吐息のよろずやプロ、そして、タレント生命 首の皮一枚のおかえり。ある日、おかえりは、スポーンサーの名前を間違えるという致命的なミスをおかし、番組が打ち切りになってしまいます。

絶体絶命の危機をどう乗り越える、おかえり!、そして萬鉄壁!という、物語は比較的、ユル~い出だしです。登場人物たちのキャラクター設定は、あるあるなステレオタイプですしね 。原田マハ作品は、こういうユルさに油断すると、クライマックスで涙腺が崩壊するので要注意。

文字通り一肌脱ぐ(!)しかないと追い詰められる おかえり でしたが、ひょんなことから、旅へ行けない人の代わりに、おかえり が旅をする”旅屋”を始めることになります。

華道の鵜野流家元の娘、ALSを患った真弓に生きる希望を与え、そして、父と娘のわだかまりを修復せんと、奮闘する おかえり。旅先の角館の人々、そして、おかえりを支えようと協力を惜しまないスタッフたち。故郷礼文島で、旅を夢見ていた少女 おかえり のエピソードが挿入されて、ぐぐっとアツいものがこみ上げます。ここは道半ばなので、涙腺崩壊は我慢のしどころです。

初めての旅屋を成功させた よろずやプロに、徐々に仕事が舞い込みます。そして、『ちょびっ旅』の元番組スポンサー 江戸ソース会長 江田悦子から、 『ちょびっ旅』を復活させるための条件として、会長自身のプライベートな旅の依頼が申し入れられます。それは、生き別れとなった妹の娘 元アイドル天川真理とともに妹の墓へ参り、彼女にある品を渡すことでした。最大のチャンスに前向きな おかえり に対し、萬鉄壁社長や関係者の表情は冴えません。その理由を知ることになる、おかえり でしたが、それでも、副社長澄川のんの らスタッフの反対を振り切り、天川真理が住む愛媛県内子町へ旅立つのでした・・・。

孤立無援。ひとりぼっちの旅で、起死回生は成功するのか!クライマックスに向けて大いに盛り上がる・・・はずだったんですが、バタバタとお話を畳んでしまった印象が強いですね。おかえり の人に癒しを与えるキャラは良い味なのです。しかしながら、入り込めるまでは今一歩。旅屋のコンセプトは魅力的なので、いくつかの旅を連作短編とし盛り込んでくれたら感慨深いものがあったかもしれません。ラストは、例えるなら、くしゃみを我慢したら、くしゃみが出なくなってしまったような、もどかしさを感じてしまいました。

  • その他の原田マハ作品の感想は関連記事をご覧ください。