【本の感想】伊藤たかみ『指輪をはめたい』

本の感想 伊藤たかみ『指輪をはめたい』

伊藤たかみ『指輪をはめたい』は、結婚に迷走する男の物語です。

”僕”=輝彦=テルは、スケートリンクで転倒し、頭を強打してから記憶がとんでしまいました。持っていた給料三ヶ月分指輪から、”僕”はプロポーズしようとしていたらしい。付き合っている女性は、知恵、めぐみ、そして和歌子の三人。はたして、指輪は誰にあげようとしたんだろう ・・・

同棲していた彼女 絵美里にフラれ、いい女と結婚して見返してやろうと誓いをたてたテル。自分にも似たような経験があるから、この気持ちには共感できます。男の恋愛は蓄積式で、過去を美化しがちとはよく言われること。勝手にハードルを上げて、にっちもさっちもいかない状態になります。結局、自分は10年ぐらいふらふらしていたんじゃないでしょうか。

さて、テルは、プロポーズの相手を見つけるために、三人の女性に探りを入れ始めます。本作品が、三マタ男テルのモテ話しになると嫌味なだけなのですが、読んでいて抵抗感は少ないですね。むしろ、彼女らひとりひとりと、きっちり向き合おうという姿勢に真摯さを感じてしまいます。テルは、客観的には女性の敵ではあるものの、ただの尻軽バカ男に見せていないのが著者の上手いところです。

いまを生きる知恵、過去に生きるめぐみ、未来に生きる和歌子。テルは、彼女らと価値観の違いに気がついていきます。テルの心にはいつも絵美里がいるのです。彼女らとの対話と通じて、テルは自身の気持ちを直視できるようになります。

このあたり、三人の幽霊に大切な事を教えてもらうチャールズ・ディケンズ『クリスマス・キャロル』を思い出してしまいました。

さてさて、テルは、どうする。自分は結末には大いに不満なのですが、どうでしょうか。

本作品には、なかなか示唆にとむセリフがあります。

夢だって 賞味期限があんのに、忘れちゃうんだよ。

なぜか突如、彼女がうっとうしくも感じた。本当に突然のことだった。街を歩いていて突然、普段は大好きなカレーの匂いに満腹感を覚えるようなことがあるが、そんな具合だった。

もう、気持ちなどなくなっているかもしれないのに。好きだったという記憶だけを頼りに付き合っている-惰性で支えられる愛情に、モノトーンな虚しさを感じてしまうのだった。

2011年公開 山田孝之主演 映画『指輪をはめたい』

2011年公開 山田孝之主演 映画『指輪をはめたい』はこちら。

映画「指輪をはめたい」
  • その他の伊藤たかみ 作品の感想は関連記事をご覧ください。