【本の感想】ジョナサン・キャロル『空に浮かぶ子供』

ジョナサン・キャロル『空に浮かぶ子供』(原著)

ジョナサン・キャロル(Jonathan Carroll)『空に浮かぶ子供』(A Child Across The Sky)は、『月の骨』、『炎の眠り』に続く、ファンタジー<<月の骨>>シリーズの第3弾です。

主人公は、『月の骨』で、愛する女性の夢の世界へ誘われた元映画監督のウェーバー・グレストン(オスカーをとった名監督の設定)。現在は、癌患者を集めた演劇集団を主催しています。

ある日、ウェーバーに、親友フィル・ストイホーンのライフル自殺の報が届きます。ホラー監督としての名声を得へて、新作の完成が間近のときでした。

ウェーバーに残されたのはフィルのビデオ・テープ。そこには、ウェーバーの母親が飛行機事故で亡くなる寸前の映像が ・・・ というダークな出だしです。

フィルは、ビデオ・メッセージでウェーバーに新作『深夜は殺す』の撮り直しを依頼します。どうやらフィルは”知ってはいけない人間と宇宙の隅っこ”に触れてしまったのです。ウェーバーはフィルの意志を継ぐことを決意するのでした。

フィルがしたためた読むたびにストーリーが追加される小説「フィルヘッド氏」、実体化するウェーバーの鴉の刺青、フィルのイマジナリーフレンドで死の天使ピンスリープ、あちこちで姿を目撃される死んだはずのフィルと、謎多き物語が展開します。特に、8歳の少女ピンスリープは、フィルの恋人サーシャを身籠り、サーシャはピンスリープを身籠っているという設定です。謎は謎(というか、不条理)として興味はそそられるのですが、その解は観念的過すぎて面白さより小難しさが際立ってしまいました。

フィルの自殺の真相とはいかなるものでしょうか。そして、ウェーバーはフィルの願いを叶えることができるのでしょうか。

<<月の骨>>シリーズとしては折り返し地点である本作品。これまでの登場人物たちがちらりと顔を見せますが、シリーズとしてどういう位置づけにあるのか、ここでは判然としません。シャーマンのヴェナスクと飼い豚のコニーなど魅力的なキャラなので、今後の関わりが気になるところではありますね。 不条理なダークさは前二作よりも増してはいるので、シリーズの続きを期待しましょう。

(注)読了したのは創元推理文庫の翻訳版『空に浮かぶ子供』で、 書影は原著のものを載せています 。

  • その他のジョナサン・キャロル 作品の感想は関連記事をご覧ください。