【本の感想】ジョナサン・キャロル『炎の眠り』

本の感想 ジョナサン・キャロル『炎の眠り』

ジョナサン・キャロル(Jonathan Carroll)『炎の眠り』(Sleeping in Flame)は、『月の骨』に続く<<月の骨シリーズ>>の第2弾です。

ハイファンタジーではないのだけれど、普通小説の中に、幻想小説を混入させたような作品です。いわゆるマジックリアリズムでしょうか。

本作品の前半は、主人公である脚本家兼俳優ウォーカーの日常です。親友のニコラスや、2番目の妻となるマリスとの日々が綴られていきます。ちょっとオシャレな映画を見ているような感覚です。しばらくは、ウィーンの風物の中で繰り広げられるウォーカーと、チャーミングなマリスの恋物語におつきあい。

ストーリーが転換するのは、マリスがウォーカーにそっくりな肖像を墓場でみつけてから。その人物は30年前に父親に殺害されていたのです。

ウォーカーとマリスに不吉な影がしのびよります。ニコラスの突然の死や、ウォーカーの夢にあらわれる別の人生。白日夢のように現れる海龍。

後半からは、(剣はないけど)魔法の世界です。ウォーカーのメンターとなるシャーマンの登場。その死。ウォーカーの生と死にまつわる謎とは何か ・・・

とつづきます。

本作品は、グリム童話ルンペルシュティルツヘンをモチーフにしています。「俺の名前をいってみろ!」というあのお話ね(北斗の拳じゃありません)。自分は、童話に題材をとる作品にはいささか食傷気味だったりするのですが、本作品は別格。ハッピーエンドに一撃をくらわす最後の一文が秀逸なのです。

全体としてとっちらかった感がありますが、ダーク・ファンタジーというものを堪能できる作品です。

  • その他のジョナサン・キャロル 作品の感想は関連記事をご覧ください。