【本の感想】ジョナサン・キャロル『我らが影の声』

ジョナサン・キャロル『我らが影の声』(原著)

ジョナサン・キャロル(Jonathan Carroll)『我らが影の声』(Voice of Our Shadow)(1983年)は、名作『死者の書』につづく第二長編です。

ジョセフは、13歳の頃、三つ年上の兄ロスを感電死させた過去をもっています。不良少年のロスにいじめぬかれた挙句の発作的な行動でした。事故死として扱われたロスの死は、家族の崩壊をもたらしてしまいます。

長じて作家活動を始めたジョセフは、ロスら不良少年の日常を描いた『我らが影の声』で名前が売れ、過去を振り払うようにウィーンへ渡航します。ウィーンで孤独な日々を送るジョセフは、ある日、映画館でポールとインディア夫妻と出会います。不幸な出来事を忘れ、友情に恵まれた楽しい毎日を過ごすジェフ。ジェフにとって二人はなくてはならない存在になっていきます。しかし、ジェフとインディアの接近が、彼らの関係に影を落とすのでした ・・・

ダークファンタジーの要素がなくても、小説としてなかなかよくできた作品です。登場人物の個性がきっちりと描かれていて、作品世界に入り込みやすいのです(翻訳者がすばらしいということでしょうか)。フツーの小説として読み進めていくと、突然、日常が不協和音を奏ではじめます。いきなり異世界に突き落とされるような感覚が、ジョナサン・キャロルらしさなのでしょう。

ポールは、ジェフとインディアの不貞をしった後、心臓発作で突然死してしまいます。親友を失くし、忸怩たる思いに苛まれるジェフ。しばらくして、ジェフとインディアの前に、マジシャンの格好をしたポールが姿を現し始めるようになります。後半からは幽霊譚のよう展開です。しかし、この作品はそう単純ではありません。ジェフの心の闇をえぐっていきながら、ラストはちょっとした仕掛けが待っています。

あとがきの「結末は決して誰にも明かさないでください」という大仰なものではないと思うけれど、現実そのものが崩壊してしまうような薄気味悪さはありますね。

真実が明かされた後の短いエピローグが、虚しさを伴って物語に深みを与えています。

(注)読了したのは創元推理文庫の翻訳版『我らが影の声』で、 書影は原著のものを載せています。

  • その他のジョナサン・キャロル 作品の感想は関連記事をご覧下さい。