【本の感想】阿部和重『インディヴィジュアル・プロジェクション』

本の感想 阿部和重『インディヴィジュアル・プロジェクション』

阿部和重『インディヴィジュアル・プロジェクション』は、渋谷の映画館で働く映写技師オヌマの4ヶ月にわたる日記という体裁です。

高踏塾というスパイ養成所に5年間入塾していた過去をもつオヌマ。オヌマは、今や、高踏塾と縁を切り身を隠すように暮らしていました。ある日、オヌマに仲間の死の報がもたらされます。訓練途中にヤクザから奪ったプルトニウムが原因の報復か。それとも、高踏塾の粛清にあったのか。拡大するトラブル、そして元同志イノウエの陽動に、オヌマの思考は乱れに乱れてしまうのでした。 ・・・

あらすじを書いてしまうと謀略小説のようですが、これが全く違います。

オヌマが現実逃避のかっこうで入塾したのは、マサキという胡散臭い男の開いた私塾です。マサキの指導を仰ぐ塾生たちは、訓練の一貫で、暴力団組長を誘拐し、プルトニウムを強奪してしまいます。もうこの時点で現実性がありません。どこか抜けています。この違和感は、本作品の最後まで続くのです。

マサキを失い、塾を抜けたオヌマに次々に降りかかる暴力沙汰。その過程で、オヌマは自分自身と他人の区別がつなかくなっていきます。Individual Projection=個人的な投影は、自我が拡大していく様のようです。徐々に、オヌマの日記が真実であるのか、オヌマの頭の中の出来事なのかが判然としなくなります。オヌマの願望を充足するめの人格がかたちづくられているのか、それとも単なる妄想か。自己というアイデンティティの崩壊は、フィリップ・K・ディックの作品に見られるような心もとなさを喚起します。

結末までオヌマの錯乱は続くかと思いきや、最後の3頁で、ひっくり返されます。冒頭のフリオ・イグレシアスの歌詞から始まるこの物語は、束縛からの脱却へ という大きなテーマにそって流れているようです。ここで好き嫌いが別れそうですね。どうでしょうか。

ところで、J文学って結局、なんだったのかな。

  • その他の阿部和重作品は関連記事をご覧ください。