【本の感想】吉本佳生『スタバではグランデを買え!―価格と生活の経済学 』

本の感想 吉本佳生『スタバではグランデを買え!―価格と生活の経済学 』

吉本佳生『スタバではグランデを買え!―価格と生活の経済学 』は、生活に関わる身近な経済活動を、コストの観点から分析するものです。どちらかというと、経済学を学んできたひとより、自分のような初学者向けでしょうか。○○は、○○せよ! とか、○○は、○○だ! 的な、あざといタイトルの本は、ハウツー本ぽくて生理的に受けつけないところがあるのですが、本書の内容は抵抗感がありませんでした。

著者は、NHK『出社が楽しい経済学』という番組にも出演されてました。番組を通してでしかわかりませんが、人柄がよくあらわれた著作です。

日本で、ふつうに暮らしているような生活者が、自分なりに楽しく生活するためには、経済のしくみをどう理解したらいいのか?

このことを説明したいという著者の意図は、各章で取り上げる題材によって、理解が深まってゆくでしょう。なにより、添えられている図がわかりやすいですね。

いくかの章の解説、例えば、携帯電話料金のからくり、100円ショップの安さの秘密は、よく知られるようになってきました。注目したのは、取引コストからものの価格を考えるという一貫した視点と、ものごとを分解して考えるということ。とくに、タイトルでもある、スタバでグランデを注文することが、店と客の双方にメリットがあるという解説が興味深いです。

本書の趣旨とはずれるものもあるけれど、「所得格差の問題の大部分は、本質としては資産格差の問題である」、「容姿や資格は賃金の下限を高くする効果しかもたない」、「子供の医療費の無料化は、本当に弊害が大きな政策で、格差の拡大さえもたらす危険性がある」という著者の主張も面白いですね。全面的に賛成というわけではないのですが、経済学者らしい理屈がとおっています。

経済学を学ぶための最初のステップとしておすすめの一冊です。

NHK『出社が楽しい経済学』DVDブックはこちら。