【本の感想】柚木麻子『早稲女、女、男』

本の感想 柚木麻子『早稲女、女、男』

柚木麻子『早稲女、女、男』は、早稲田女子を中心に展開される女子大生たちの恋愛事情他、を描いた連作短編集です。

本作品集は、早稲田、慶応、立教、学習院と、女子大生を類型化して主役に据えています。恋愛模様から、それぞれの出身大学の個性を特徴づけているのが楽しいですね。

読み進めているうちに、自分の先輩・後輩、同期のの女性らの顔が浮かんでなるほどとなります。確かに、新入社員の頃のワセジョの先輩は男勝っていて物凄く怖かったし、慶応女子は堅実に同級生と結婚して3年目ぐらいで寿退社したのでした。本作品のエピソードにある通りです。

ただ、自分よりも、自分と同じく地方出身の女子の方が、敏感だったかもしれません。同期の津田塾とか上智のコに対し、「なんか、違うわぁ」と呟いていて、ん?となったのを思い出しました。あれから35年経て、はてさて、彼女たちはどのようなおばちゃんになったのだろう。

■愛の魂正義の心
早稲田教育学部国語国文科 早乙女香夏子は、カレシ長津田とくっついたり別れたりの四年間。永和出版に就職が決まった香夏子は、先輩社員の吉沢さんにアプローチされ、そして長津田は日本女子大(ポン女ね) 本田麻衣子と良い仲に。それでも香夏子は、長津田と別れることができません。

そんな姿が香夏子の良き相棒、立教大学 立石三千子の視点で描かれます。 香夏子の煮え切らなさは、ある意味、男の女々しさにさも似たり。

■匂うがごとく 新しく
長津田にフラれた麻衣子。そして、香夏子にフラれた長津田。そんな長津田は、書店のサイン会場へ麻衣子を伴って香夏子を訪ねます。幼稚な駆け引きが展開されるわけですが、麻衣子は直接、香夏子に長津田への思いを打ち明けるのでした。

ポン女の同期 相沢美奈子と、サークルオーデイションを巡って鞘当てをするエピソードは、麻衣子が自分らしく生きる決意をする、ちょっといい話です。

■花は咲き 花はうつらふ
麻衣子と長津田の姿を見て心乱れる香夏子の姿が、学習院の妹 習子の視点で描かれます。習子は、上品で知的な学習院女子です(執事カフェ通いがお似合い!)。習子は、姉が長津田とお揃いで買った指輪を捨ててしまうのですが、そんな指輪を、 香夏子のために探し出そうと頑張る吉沢の姿が泣かせます。

■希望の明星仰ぎて此処に
吉沢の元カノで、慶応大学出身の慶野亜衣子の視点で描かれます。亜衣子は、 香夏子の指導係で、吉沢をイケてる男にした立役者。 香夏子は、ライバル心剥き出しでしたが、徐々に心を開いていきます。

長津田はというと、麻衣子にフラれ、 香夏子に未練たらたら。なんだこれ・・・

■ひとり身のキャンパス 涙のチャペル
香夏子とメキシコ行きの旅で出会った、青学 青島みなみの視点で描かれます。誠実な篤志と、イケてるバイト先の社員小井出を二股かけているみなみ。 香夏子とみなみは、旅の途中の細かないざこざが発展し、テキーラ一気飲みのバトル勃発です。

長津田とも吉沢とも付き合わないことを決意する香夏子。二股かけ続けることを決意するみなみ。そんな、自分らしらが、二人を和解に導きます。

■仰ぐは同じき 理想の光
そして、六年後。香夏子以外の登場人物たちは結婚をしています。ふと、長津田に連絡してしまった香夏子は、今の彼に失望するも、またずるずると関係を持ってしまうのでした。そんな香夏子を見かねた三千代は、合コンを仕掛けるのですが・・・

本作品集は、自分探しの物語でしょうか。主人公の香夏子のみがひたすら迷走しているように読めます(長津田もか)。 憎めないキャラクターではありますが、じれったさを感じること度々です。こうして、あらすじを眺めてみると、作品としては面白いものの、つまらない大学生活だったのだなぁと思わざるを得ませんね(人の事言えないのだけど)。

  • その他の柚木麻子 作品の感想は関連記事をご覧下さい。