【本の感想】柚木麻子『本屋さんのダイアナ』

本の感想 柚木麻子『本屋さんのダイアナ』

柚木麻子『本屋さんのダイアナ』は、読書好き女子二人、大穴と書いてダイアナと読む金髪美女子(なんと日本人)と清楚なお嬢様美少女 彩子の、小学生から大人に近づくまでが心情細やかにつづられた作品です。

お互いを認め合った親友、いやソウルメイトといっても良い二人が些細な行き違いから仲違いをし、それからの10年の月日が交互に語られます。その間、一言たりとも会話をせず、互いの存在すらなかったように振舞うダイアナと彩子。二人それぞれの過ごした日々だけでも一つの小説になりますね。

うちの子供らを見ていると、男子より女子の方が、いったん拗れた仲を修復するのが難しいようですね。小さな頃、兄弟よりも仲が良かった二人が、ちょっとばかりのすれ違いで長い期間の冷戦を続けてしまう。親の自分の方が、やきもきしてしまう事になります。

本作品は、ダイアナのキャバ嬢母さんら脇役が良く、友情や親子愛が随所に散りばめられていて、読み進めるうちにぐぐっと暖かいものがこみ上げます。書店員として仕事に情熱を傾けるダイアナ、迷いの中にいる大学生となった彩子、ダイアナの母と消息のわからない父の過去。いくつものドラマが重なり合いストーリーに厚みができています。

本作品のラスト、大人になった二人のソウルメイトっぷりには胸熱となってしまいました。自身の存在って何?という問いかけでもあるんです。 彩子および彩子の周辺の出来事はショッキングです。だからこそ、 より一層の成長を感じさせます。

少女らが交わす本のお話しなどに、著者の溢れんばかりの読書愛を垣間見ることができます。

さて、この4月にうちの長女は高校生になりました。男兄弟が多いので、あっさりさっぱりの性格ですが、どうも女子的な友達付き合いは得意じゃない模様。楽しい学校生活をおくってもらいたいものです(カレシの話は聞きとうない・・・)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。