【本の感想】柚木麻子『けむたい後輩』

本の感想 柚木麻子『けむたい後輩』

自分は、学生時代、世の中を斜めに見る捻くれたヤツだったので、当然の事ながら後輩から好かれてはいませんでした。陰口もなんのそのです。でも、一方では、慕われる先輩というものに淡い憧れを持っていて、体育会系の快活な上下関係を羨ましく思ったもんです。キャラが確立してしまうと、貫き通さなければいけないのが辛いところ。孤高を気取っているほどに、他人は気にもかけてはくれていないんですけどね。

柚木麻子『けむたい後輩』は、憧れの先輩に翻弄され続けたお嬢様女子大生の四年間、そしてその後の物語です。

一発屋の作家ではあるものの熱烈なファンが存在する栞子。主人公 真実子は、心酔する栞子と大学で出会い、つのる思いのたけを栞子に告げます。才能に恵まれていないのに、プライドだけは超お高めの栞子は、自尊心を満足するためだけに、真実子をワガママ放題に振り回していくようになります。

先輩 栞子の一瞬のきらめきを信じて付き従うけなげな真実子 。(実は)非凡な才能を持ちながら、凡人に振り回されるあたり、主人公がエキセントリックなキャラクターではあるものの、いたたまれません。栞子の理不尽ないたぶりに、読み進めながら、真実子の親友 美里とともにふつふつと怒りがこみ上げてしまいます(美里の栞子へのしっぺ返しは愉快!)。

翻弄されればされるほど、才能が輝き始める真実子。それでも、栞子の尊大さは揺るぎません。 まとわりつく真実子をウザがることで、精神的に優位に立ち続ける栞子のイタさが苦々しいんです。

本作品のラストは痛快にお願い!と思ってしまうのですが、ちょっと予想を上回る締めくくり方ですね。 真実子の予想通りのサクセスストーリーに快哉を叫ぶというより、ホラーなみのうすら寒さを感じてしまいましたよ。

自分は、社会人になって、随分、人づきあいが良くなりました。ただ、本質は学生の頃と変わりがないので、お疲れ気味になること度々です。栞子のような勘違い負け犬人生はご免ですが、自分らしさはいつまでも持っていなきゃいけませんね。

  • その他の柚木麻子作品の感想は関連記事をご覧ください。