【WordPress】赤司達彦『本当によくわかるWord Pressの教科書』

WordPress参考書 赤司達彦『本当によくわかるWord Pressの教科書』

赤司達彦『本当によくわかるWord Pressの教科書』は、副題”はじめての人も、挫折した人も、本格サイトが必ず作れる”とあるとおり、本にそって作業をしていくと簡単なECサイトが構築できるようになっています。

本書は、ご覧のWebサイトをつくるにあたって、最初に手にとったものです。

WordPressとは何かから始まり、WordPressを使う準備、WordPressの導入、WordPressの基本設定と、章(Chapter)が続きます。ここまでの内容は、他の同様の書籍と差は少ないかもしれませんね。読み易いかどうか、の点でいうと本書はここまでに全体の1/4を費やしているだけあって説明が丁寧です。くわえて、画像が豊富なので理解が進みやすいと思います。

Chapter 6「テーマをインストールする」以降から本書のECサイト用オリジナルテーマがベースとなるので、これを利用しない読者は使いづらくなります。解説の都合上、仕方がないことですが、自分が使いたいテーマとの差異をみながら作業を続けるのは少々面倒です。

プラグインで高度な機能を導入する、ではこのWebサイトでも利用している問い合わせフォームContact Form7の使い方を説明しています。他のプラグインも同様ですが、本書の発売時からバージョンアップで若干、機能に変更が入っているのでネットで調べるのは必須になります。

本書で解説のあるYoast SEOもこのWebサイトでは利用しています。SEOの観点で記事の評価をしてくれるのですが、日本語環境が苦手なようで工夫しながら上手く使っていく類のプラグインです。このあたりは、本書に記述がないので、ネットを参照するべきでしょう。Google Analytics、Google Search Consoleにも触れていますが、使いこなすならこちらも別の専門書籍が良いですね。

赤司達彦『本当によくわかるWord Pressの教科書』第2版

自分が参考にしたのは、WordPress 5.x以前のバージョン対応版です。未読ですが、5.xを利用する場合は第2版を手に取る方がよさそうです。

  • その他のWebサイト制作の書籍については関連記事をご覧ください