【Webデザイン】川合俊輔 ・ 大木あかね『ノンデザイナーでもわかるUX+理論で作るWebデザイン』

【Webデザイン】川合俊輔 ・ 大木あかね『ノンデザイナーでもわかるUX+理論で作るWebデザイン』

川合俊輔 ・ 大木あかね『ノンデザイナーでもわかるUX+理論で作るWebデザイン』は、Webサイトをデザインするときに必要な考え方や法則をまとめたものです。

結論から言ってしまうとデザインのノウハウは目新しいものはありません。

第4章サイトの構成のデザイン、第5章情報のデザイン、第6章ユーザ導線のデザイン、第7章画面設計のデザイン、第8章ユーザ操作とモバイルのデザイン、第9章ユーザの感性に訴えるデザインは、UXの視点を随所に持ち込んではいるものの、他のWebデザインの書籍と圧倒的に差別化できるものはありません。理論をつきつめていくと、結果、同じになってしまうのはむべなるかな。理論=サイエンスと考えれば、結論はいっぱいあっては困るわけです。

よって、第4章以降は、如何に説得力を持つかになりますね。解説に応じた事例は多く掲載されているのですが、まぁ、そうでしょうねという感想です。

第3章ビジネスモデルのデザインの冒頭には、以下のUXの解釈・定義が掲げられています。

UX(ユーザー体験)= 「ユーザのタスク」+「コンテキスト」

これを常に念頭においておかなければ、本書で何を主張したかったのか、後の章になればなるほど分からなくなってしまいます。第1章デザイン思考とWebデザインでいうデザイン思考は、本書全体を包括する理念として解釈すれば良いのでしょうか。

本書の気づきとしては(知らないだけか)、UXとマーケティングが同じ位置づけであるとしている点です。こちらを詳説した書籍があれば是非手にとってみたいと思いました。

その他、キャンバスイン、コンテンツアウト、ミラーの法則、ヒックの法則、フィッツの法則はお初にお目にかかった用語です。(キャンバスイン、コンテンツアウトは一般的?)

この内容のわりにお値段がはりますね。残念です。

  • その他のWebサイト制作に役立つ書籍(参考書・教科書、ワードプレス、デザイン)については関連記事をご覧ください。