【WordPress】石川栄和 、大串肇 、星野邦敏『いちばんやさしいWordPressの教本』

WordPress参考書 石川栄和 、大串肇 、星野邦敏『いちばんやさしいWordPressの教本』

石川栄和 、大串肇 、星野邦敏『いちばんやさしいWordPressの教本』は、数あるWordPressの初心者向け教科書の中では、(いちばんかどうかは別として)わかりやすくまとまっています。”人気講師が教える本格Webサイトの作り方”に偽りはないようです。

”いちばんやさしい”シリーズ(?)のおなじみの体裁で、オールカラー、見開きページでサクサクと解説を進めていきます。Chapter毎のテーマにそって、Lesson~しましょうのタイトルで、読者のモチベーションを向上させてくれます。

Chapter1「自分のURLでWeサイトを公開しよう」、Chapter2「WordPressの初期設定をしよう」は、詰め込み過ぎの感が否めず、基礎的な知識があるか、他の超初心者向け書籍を参照した方でないと、とっつき難いかもしれません。自分は、職業柄インターネット関連の知識があったのと、WordPerssはなんぞや?は、赤司達彦『本当によくわかるWordPerssの教科書』に目を通していたので、すすっと入っていけました。

本書は、国産のWordPressテーマであるLightningを使って、いちからWebサイトをつくりあげていく仕立てです。Ligihtningがレスポンシブ対応なので、PC、スマホ両方のインタフェースへも、手間をかけずにみせることができるのです。代表的なプラグインの使い方も記載されていて親切丁寧ですね。

自分のWebサイトもLightningでつくっており、後追いで、不明点を確認したことになります。Lightningを使うなら、差異を自分で探しながら作業を進めることが不要なので楽ちんです。

本書の内容は、自力でネットで調べればわかる情報が多く含まれています。自分もネットで調べながらこのWebサイトをつくりました。ただ、そういう面倒なことをしたくない方には、本書を読めば時間短縮にもつながるし、最適だろうと思います。 WordPressでサイトを立ち上げ運用したい方は、本書ともう一冊ぐらい読めば十分です。

まずは基礎固めですね。CSSやphpをこちょこちいじる等、カスタマイズを入れるは、ここからステップアップをすれば良いのです。実際、自分も色々なプラグインを試したり、追加のCSSを設定したりを続けています(本書で記載のJetpackはほとんど使っていません)。そうしているうちに、自分のWebサイトに愛着がうまれるんですね。

おすすめ 度:★★★★☆

  • その他のWordPress書籍は関連記事を参照ください。