【本の感想】平本久美子『やってはいけないデザイン』

本の感想 平本久美子『やってはいけないデザイン』

老後の楽しみとしてアートに手を染めてみたいと思う今日この頃。人並にデザインの良し悪しぐらい判るだろう、と思いつつも、加齢とともに感性がズレズレになっている懸念が無きにしも非ずです。

ということで、平本久美子『やってはいけないデザイン』を手に取ってみました。表紙のでかい赤バッテンとその下でぶっ倒れているOLと思しき人物が印象的です。すくなくともこのデザインを見て本書を買う気になったのですから、自分のような迷える初老の男の気持ちを揺さぶったのでしょう。

本書は、端的に言うと、ノンデザイナーのためのデザイン指南本です。ノンデザイナーって何さという正確な定義はわかりませんが、その道のシロウトさんと理解しています。

原稿、レイアウト、文字・フォントカラー、写真・イラスト編の章立てで、「やってはいけない」パターンに対して、改善したデザインを提示していくという体裁です。

見開きの左右でNGパターンを提示し、OKパターンを解説しているのですが、本書のような指南本はこういう構成が多いですね(確かに読み易い)。そうなると、如何に著者の個性を出していくかが、同様の書籍との差別化と言えるでしょう。

余白のとり方や視線の流れはよく目にしますが、自分が手に取った書籍の中では理解し易く記載されているので、デザインにひと(and more…)工夫が必要な方には入りやすいと思います。

デザインにセオリーというものがあるなら、まさしく本書がそれを実例で表してくれています。セオリー通り、かつ自分らしさを出すのは至難の業ですね。デザインの世界は、自由奔放なアートとは違います。

やっぱり、何を言いたいかを端的に表現できるスキルこそが必要なのであって、コンテンツがいちばん重要なんですよね。それがあってこそ、デザインが活きてくるということです。

さて、実行あるのみなので、本書を見ながら100枚ほど自分の名刺をつくってみました。余白が大事だけれど、余白があり過ぎるのも考えものです。とてもつまらんものを作ってしまいました。

道は険しい・・・