【本の感想】ダン・シモンズ『サマー・オブ・ナイト』

ダン・シモンズ『サマー・オブ・ナイト』(原著)

1992年 ローカス賞 ホラー部門受賞作。

ダン・シモンズ(Dan Simmons)『サマー・オブ・ナイト』(Summer of Night)(1991年)は、甦えった邪悪な悪霊との闘いを描く、至極ストレートなゴシック・ホラーです。

ただし、死闘を繰り広げるのは、七人の小学生たち。大人は中々理解してくれない系のイライラをはらみつつ、ストーリーは展開していきます。子供らしい無邪気で無謀な勇気が頼もしくもあり、痛々しくもあるというなんとも複雑な気持ちになるのです。

本作品は、1、000頁を超える大作で、前半は1960年 イリノイ州のトウモロコシ畑に囲まれた田舎町と、そこで暮らす人々の人間模様がじっくりと描かれます。

創立から84年を迎え、廃校が決まったオールド・セントラル。終業式の日、生徒のひとりタビーが校内で突然姿を消してしまいます。行方不明を訴えても、教師たちは耳を貸しません。自転車パトロール隊のディルとローレンス兄弟、ケヴィン、マイク、ジムは、自分たちでタビーを見つけようと、学校関係者を見張ることにします。いつものたわいない遊びのはずだったのですが、その頃から、生き返った死人や、不気味なモノが彼らの周りに姿を見せ始めるようになります。

まさにスティーヴン・キング『スタンド・バイ・ミー』のような世界であって、怪異はチラ見せ程度にしか現れません。子供たちの日々の生活、友情や軋轢、家族の関係が語られる中から、彼らの個性が浮かび上がってくるようになっています。あぁ、この子は自分に似ているなぁと、知らず知らず感情移入してしまうのです。この前半部があるからこそ、怒涛の後半では、冷や汗をかきながら活躍を見守ることになります。

子供らが、それぞれの個性を遺憾なく発揮し、また自身の弱さを克服しながら、頑張る姿に興奮してしまいます。おまけに、熱い家族愛が泣かせてくれるのです。知力体力振り絞りながら逆境をはねのけていく子供たち(子供が銃を携えるあたりは、銃社会ならではで違和感ありですが)。果たして闘いの行方は!

本作品は、ホラー好きにはオススメの一冊ですが、グロテスクなシーンが随所にあるので、これが苦手な方は注意されたし。なお、マイク他、自転車パトロール隊(バイク・パトロール)の面々は、『夜の子供たち』、『エデンの炎』などなど、以降の作品で大人になって再登場します。 (リンクをクリックをいただくと感想のページへ移動します

(注)読了したのは扶桑社文庫の翻訳版『サマー・オブ・ナイト』で、 書影は原著のものを載せています。

  • その他のダン・シモンズ 作品の感想は関連記事をご覧下さい。