【本の感想】ドナルド・E・ウェストレイク『忙しい死体』

本の感想 ドナルド・E・ウェストレイク『忙しい死体』

ドナルド・E・ウェストレイク(Donald E Westlake『忙しい死体』(The Busy Body)(1966年)は、『ホット・ロック』(1970年)から始まる、不運な天才犯罪プランナー ドートマンダー シリーズ(傑作!)に先立つ作品です。

著者お得意のドタバタもので、いわゆるスラップスティック・コメディ(本作品の解説では、スラップスティック・クライム・ノヴェルとなっているけれど)なのです。

マフィアのエンジェルは、ボスのニック・ロヴィートから、埋葬されたヤクの運び屋チャーリーの墓から、25万ドル相当のヘロインを回収するよう指示を受ける。苦心惨憺。やっとのことで、墓を掘りかえしたところ、なんと棺の中はからっぽだった ・・・

そこから、エンジェルの、死体をめぐっての右往左往がはじまるのですが、いつの間にやら、警察やマフィアから追われるはめになります。ここから、エンジェルのドタバタは、続いていきます。

ウェストレイクの作品には、ピンチになっても、どこか泰然としていて、なんとか乗り切ってしまう主人公が多いように思いまう。だから、自分はウェストレイクが好きなのです。読んでいて、元気がもらえますからね。本作品のエンジェルも、そのうちの一人です。苦境に立たされても悲壮感がないだけに、ゆる~いコミカルさが、全編を通して漂っています。

大笑いとはいきませんが、クスっとはさせてくれるでしょう。ちょっとしたことを、後からさりげなく持ち出して、笑いを取る小技が効いているのです。特に、墓を掘っているときのエンジェルと助っ人ウィリーの、全く噛み合わない会話が秀逸です。以降の、ウェストレイクの作品にも、このパターンはよく使われていますね。個性的な登場人物たちも、物語を大いに盛り上げるので、飽きさせることなく一気に読了できるでしょう。

翻訳者の苦心の結果なのでしょう、50年以上も前の作品ですが、読んでいて古さを感じさせることがありません。この作品が気に入るのならば、ドートマンダー シリーズも気に入ると思うし、ドートマンダー シリーズが好きなら、この作品はおススメできます。

なお、本作品は、『間抜けなマフィア』(なんとマヌケな邦題)として映画化されている。

1967年 公開 ロバート・ライアン、アン・バクスター 出演 『間抜けなマフィア』

1967年 公開 ロバート・ライアン、アン・バクスター 出演 『間抜けなマフィア』は、こちら。

  • その他のドナルド・E・ウェストレイク 作品の感想は関連記事をご覧下さい。