【本の感想】有川浩『旅猫リポート』

本の感想 有川浩『旅猫リポート』

自分は猫が苦手です。

猫に見つめられると、「お前の事はまるっと全部お見通しだ」と言われているような気がします。子供とたまにいくペットショップの猫たちは、きっと自分のことを見抜いているのです。だから、猫の前では妙なことを考えてはいけません。(多分)

有川浩『旅猫リポート』のナナは、「お前の事はまるっと全部お見通しだ」な猫です。

宮脇悟は、ある夜、車にはねられ大怪我をした猫(♂)を助けます。その日から、野良として生きてきた孤高の猫は、ナナと名づけられ、悟と一緒に暮らし始めるようになります。(植物に詳しい男子を拾うお話がどこかにありましたっけ?)

ナナは、狩人としてのプライドを持ちつつ、パートナーとして悟を支えていきます。甘えず、媚びず、馴れ合わず。So!クール。

仲良きことは美ししきことかな。

しかし、5年後、悟とナナの共同生活は、突然、終わりをつげます。ある事情により、悟とナナは一緒に暮らすことができなくなってしまったのです。悟は、遠く離れた友人たちを訪ね、ナナをもらい受けてもらおうと旅に出ます。

本作品は、悟とナナのロードノベルです。

小学校、中学校、高校のそれぞれの友人と、悟との思い出が、行く先々で語られていきます。友人たちはそれぞれ、悟と猫にまつわるエピソードを持っています。悟はどういうヤツだったのかが、友人たちの目をとおして描かれるのです。こういうキャラクターの見せ方は、感情移入する上で、実に効果的です。自分は、友人の立場から、悟というイイ男にどっぷりと惚れ込んでしまったのでした。こんな親友欲しいよなぁと。それを横目で見ながらの、ナナのどことなく上から目線の辛口コメントも楽しいですね(自分は、高校時代の恋愛エピソードがお気に入り)。

ナナと新しい飼い主候補たちのお見合いは、次々失敗してしまうのですが、何故か悟もナナも喜んでいます。読み進めながら、疑問がが湧いてきます。どうして?理由は、ストーリーの終盤に明らかにとなるのですが、あんまりだぁ~と、切なすぎて愕然としてしまいます。

決して幸福であったとは言えないこれまでの悟の人生。ナナというパートナーを得て、幸せのひと時を過ごしていたことが、ひしひしと伝わってくるのです。

カギ尾の猫は幸運をしっぽに引っ掛けてくると聞いたことがあるな、と思い出した

旅の終わりは札幌です。野良猫ナナの本領発揮のシーンは、読んでいて、胸がアツくなってしまいます。ベタベタしていないところがとっても良いんです。やっぱりナナは、悟のことはまるっと全部お見通しなのです。

愛に満ち満ちたラストは、静謐さすら感じるでしょう。泣き所はいっぱいあるけれど、ここまで我慢してちょうだい。幸せとは何かを、あらためて考えさせてくれる素敵な一冊です。

村上勉絵 絵本版『旅猫リポート』

村上勉絵 絵本版『旅猫リポート』はこちら。

福士蒼汰主演『旅猫リポート』

本作品が原作の、2018年公開 福士蒼汰主演『旅猫リポート』はこちら。

  • その他の有川浩作品の感想は関連記事をご覧ください。