【本の感想】有川浩『植物図鑑』

本の感想 有川浩『植物図鑑』

有川浩『植物図鑑』は、主人公さやかが行き倒れの男イツキを拾うシーンから始まります。名前しか明かさないイツキは、植物に関する博識さと料理のウデで、早々にさやかを魅了するんですね。不思議な同居人に、徐々に、恋におちていく さやか。ゆっくり、やさしく二人の関係は進んでいきます。

さやかとイツキの愛言葉は、二人が散歩をしながら見つけ、採り、そして料る(りょうるって!)道端の植物の名前です。ノビル、セイヨウカラシナ、イヌガラシ、スカシタゴボウ、イヌユビ、スベリヒユ ・・・さやかが植物を知り、その植物を食すたびに、深まるイツキとの幸せ時。イツキがいった「雑草という名の草はない」は、いつしか、さやかのツッコミワードになってしまいます。

本作品は、突然の出会い、つのる思い、嫉妬、別離、そして・・・ という恋愛小説の王道フォーマットに則っています。「女の恋は上書き式、男の恋は保存式」(名言!)という さやかにとって、上書きできない恋の物語。めろめろメロウな甘茶ソウル的作品です。

とはいえ、本作品を読み通すのに難儀しました。さやかの「は~い」とか、「いやだ、もぅ」とか、「わーい」というのを目にすると、肌が粟立ち、背筋に寒いものがはしってしまいます(多分、こういう表現のはずですが、読み返すのが辛い…)。どっぷり、作品世界に入り込んでしまったがゆえに、自分は読みながらぶつぶつ言っていたはず。

どうにも年齢的に受け入れられないところか多い作品でしょうか。そういうわけで、本編より、サイドストーリーの「カーテンコール 午後三時」の方が、しっとりしていてお気に入りです。

岩田剛典、高畑充希主演映画『植物図鑑』

本作品が原作の、2016年岩田剛典、高畑充希出演 映画『植物図鑑』はこちら。自分?もちろん観ておりません…

映画「植物図鑑」