【本の感想】石川達三『蒼氓(そうぼう)』

本の感想 石川達三『蒼氓』

第一回の芥川賞は、川端康成と太宰治の選考にまつわる悶着が有名です。その記念すべき受賞作が石川達三『蒼氓(そうぼう)』。

文学賞好きの自分としては、スキャンダラスな部分を垣間見たいというスケベ根性も加わって、必読本なのです(なお、蒼氓は人民の意味で、自分のように蒼茫と勘違いしていると作品の内容とのギャップに戸惑ってしまうので注意されたし!)。

『蒼氓』は、同時収録の『南海航路』、『声無き民』によって三部作を構成しており、国策としてブラジル移民が奨励されていた1930年が時代背景です。『蒼氓』はブラジル移民たちの出航前夜を、『南海航路』は船中の情景を、『声無き民』はブラジル到着後が描かれいます。

当時のブラジル移民は、貧農といわれる人々が主で、ブラジルでの豊かな暮らしを夢見ています。なけなしの田畑を売り、縋るように移民に賭ける姿が『蒼氓』では活写されていきます。九百余名の移民たちは、神戸の海外移民収容所で共同生活を営み、準備を進めるのですが、戻る場所を失った彼らの後悔、希望、焦燥、不安が人いきれの中で渦巻きます。

独身者が渡航できないため家族を偽装するものがいる。ブラジル入国を禁止されているトラホームや脚気を隠すものがいる。息も絶え絶えの赤子を抱えるものがいる。審査失格となり失意のもとに収容所を後にするものがいる。何より、移民たちの無知蒙昧さが痛々しい。

著者自身が、監督官としてブラジルへ渡航した経験があるからこそ、本作品は、真に迫っているのでしょう。

本作品は、誰か特定の人物を主役に据えているわけではないのですが、弟のため恋人と別れて偽装結婚し、流されるまま移民となった佐藤夏にスポットがあたっています。ある夜、佐藤夏は、移民監督助手から陵辱を受けてしまいます。しかし、佐藤夏は、これさえもさえも甘んじてしまうのです。このイノセントとも言える精神は、受難の人として、ブラジル移民を象徴しているように思えてきます。

移民たちが、45日に及ぶ苦難の航海を経て(『南海航路』)、新天地ブラジルで見出したものは何か(『声無き民』)。自分は、この三部作を通して、”諦念”という語を連想しました。決して明るい未来があるわけではない。しかし、その中で人生を見出していく術はあるのです。

ラストの、ブラジルの風景に溶けていくような佐藤夏の姿には、希望を拭い去ったがゆえの芯の強さを見ることができます。

太宰治の芥川賞候補作『逆行』、『道化の華』について、川端康成は、「作者、目下の生活に厭な雲あり」と私生活を評したそうです。両作品とも、鬱々と暗澹とした中に、ギラギラしたナイフのようなものが垣間見える作品です。自分が若い頃であれば、太宰治の両作品に心を動かされたかもしれません。でも、今となっては、川端康成の気持ちが分かるんだよね。