【本の感想】金原ひとみ『蛇にピアス』

本の感想 金原ひとみ『蛇にピアス』

2003年 第27回 すばる文学賞受賞作。
2004年 第130回 芥川賞受賞作。

金原ひとみ『蛇にピアス』は、綿矢りさ『蹴りたい背中』とともに芥川賞を受賞しました。当時、至上最年少での受賞と、お二人の容姿が随分話題になっていたと記憶しています。

いうならば、芥川賞的ポップ・アイコン。

自分のような取柄のないおっさんは、圧倒的な若い才能を目の前にすると、恐れおののいてしまいます。なので、本作品は、ずっと読むのをためらっていました。

きれいで文才があるなんてずるいじゃん…

スプリットタンにピアッシングのパンクス アマにナンパされたルイ。ルイはアマの身体改造に魅入られ、アマの家で同棲を始めます。アマはルイにベタ惚れですが、ルイはアマの女のつもりはありません。身体の関係はあっても、気持ちはどこか別のところにあります。

ルイは他者との精神的なつながりを求めているわけではないようです。心の芯が冷えているようにさえ思えてきます。ルイは、アマから紹介されたシバさんの店で、舌にピアスを入れてもらいます。そして、ピアスの次は麒麟の刺青と身体改造をエスカレートさせていくのです。

ルイが何故、ピアスや刺青に魅せられるのかわかりませんね。著者のインタビュー記事を読んで、ちょっとカンニングしてみましょう。著者は、ピアスや刺青は鎧なのだとこたえています。

つまり、ルイは、内面に踏み込んでくるものを恐れているということなんでしょう。ルイがどこか超然として見えるのは、外界から自己を守っているからなのです。

では、なぜルイは、鎧をまとわなければならないのか。ルイとシバさんは、アマに隠れてサディスティックな肉体関係を続けるようになっていきます。

アマの意外な暴力性に不安を抱きつつも、シバさんの破壊的な行為に身をゆだねるルイ。痛みや快楽にひたっても、心まで侵食されるわけではありません。ルイは鎧をまとって、そのことを確認しているようです。

アマはルイの前から突然失踪し、そして他殺死体として発見されます。同棲していながら、本名すら知らななったアマの死。その報を聞いて、はじめてルイの感情が顕になります。怒りをともなった狂おしいほどの嘆き。ルイは、知らず知らずのうちにアマに心を許していたのです。だから、いっそうルイの悲しみを痛々しく感じます。

鎧の内側にいたのは、人一倍傷つきやすい10代の女性です。この作品は、真実の愛に目覚めた女性の物語でしょうか。

いや、そうではありません。

アマの死を知って、ルイは、より強固な鎧であるより大きなピアスを付けようとします。他者との関係を絶っていかなければ、自身が壊されてしまう。そういう生き方しかできない不器用な女性の物語なのです。本作品のしめくくり方に良くあわられていると思うのですが、どうでしょう。

アンダーグラウンドを描いた作品が、メジャーな文学賞をとると、どうにも違和感がつきまといます。アンダーグラウンドは、アンダーグラウンドだから意味があるというか。

村上龍『限りなく透明に近いブルー』の読後感に似ているなと思ったら、著者は、村上龍のファンだそうですね。あぁ納得(興味があればリンクから感想を参照してください)。

渡辺ペコ画の漫画『蛇にピアス』

本作品が原作の、渡辺ペコ画の漫画『蛇にピアス』はこちら。

2008年公開 吉高由里子主演『蛇にピアス』

本作品が原作の、 2008年公開 吉高由里子主演『蛇にピアス』はこちら。