【本の感想】綿矢りさ『蹴りたい背中』

本の感想 綿矢りさ『蹴りたい背中』

2004年 第130回芥川賞受賞作。

綿矢りさ『蹴りたい背中』は女子高生の孤独を描いた作品です。

女子高校生ハツはクラスの中で浮いています。きっかけは、理科の実験の班編成。ハツのような人にとって、先生の「適当に班をつくって」というのは辛い指示です。あれよあれよという間に取り残されてしまうハツ。こういうシチュエーションでは、自分の中から湧き上がってくるみじめさに圧倒されてしまうんですね。周りの人が見ているよりはるかに深刻な状況に、自分を置いてしまいがち。

しっかりと仲間をつくっている中学校からの友人 絹代に、裏切りを感じるハツ。「あの人たちはくだらない」という すっぱい葡萄の論理で自分の護るしかないのです。ハツは所属する陸上部でも上手くとけこむ事ができません。ハツのぶきっちょなもの言いが、さらに皆との壁を高く、厚くしてしまいます。

小学校3回、中学校3回転校した自分は、同じシチュエーションを経験しているので、共感することしきりです (そんなに変わってるなら、経験的に処世術を学んで上手くやれよって話ですが)。

ハツの孤独を、著者は、”さみしさは鳴る”と表現しています。仲のよさそうなざわめきが、ハツの耳を通して胸に突き刺ってくるのでしょう。本作品の中では、著者の独特な表現方法が見られます。平易な言葉の組み合わせで、感情の広がりを表すことができる19歳(当時)おそるべし。

ハツのクラスで、もう一人の浮いている男子 にな川。にな川は、ファッション雑誌のモデル オリチャンに夢中で、オリチャンを中心に世界が動いています。ハツは、そんな にな川から目を離せなくなります。恋愛感情でしょうか?

確かに、ハツは、二人の間を勘違いされても、真っ向から否定はしません。ハツは、にな川に自分と同じ孤独を見出したいのでしょう。何かに夢中になっている にな川は、ハツからは、クラスから孤立していても意に介していないように映るのではないでしょうか。どこか超然としている にな川へ嫉妬をしてしまう。だから、ハツは、にな川がつらい目にあっているのが見たいし、背中を蹴りたくなるのです。

孤独に直面して、気持ちになかなか整理がつなかいハツの真っ直ぐさが、愛おしくなってしまう作品です。