【本の感想】奥田英朗『ガール』

本の感想 奥田英朗『ガール』

新入社員の頃、隣の席の三十代 先輩女性社員はおそれおおかったなぁ。

自分のトレーナーゆえ、挨拶の仕方から、電話の取り方まで、まさにご指導ご鞭撻の日々を送っていた上に、仕事上での実力差も圧倒的で全く頭が上がりませんでした。

(お客様の電話応対で「○○は欠席しております」と言ったところ、「そこの学生気分!」と苦笑いしておりましたねっ!)

先輩男性社員のように飲み会で気安く接することもできませんでした。煙たいとは言わないまでも、微妙な緊張感が漂っていたのは確かです。

奥田英朗『ガール』は、30代キャリアウーマン(死語?)が主役の短編集。

いずれの作品も、大企業に勤め、仕事的に認められ始めている女性たちのちょっとしたつまずきが描かれています。女性目線からの語り口なのですが、男の自分にももどかしさや悔しさが共感できてしまいます。女性がどのようにとらえるかは別として、そのあたりは著者の巧さなのでしょう。

読後感はあっけらかんとした清々しさに溢れているので、明日への活力源にぴったりの作品集です。

「ヒロくん」は部下の男性との確執に苦悩する女性が、「マンション」はマンションの購入を巡って人生の岐路を感じる女性が、「ガール」は周囲から”女の子”と見られなくなってしまった女性が、「ワーキング・マザー」は仕事上のライバルと丁々発止を繰り広げるシングル・マザーが、「ひと回り」はイケメン新入社員のトレーナーとなった女性が登場します。

どの作品もよくあるお話しではあるものの、頑張っている女性はステキだとあらためて認識した次第です。

「ひと回り」は自分のトレーナーのことを思い起こしました(もっとも、自分はイケメンではなく、先輩は自分に恋心を抱くはずはないのですが)。「ワーキング・マザー」は勤め人としてぐっとくるものがありますね。

さて、この歳になると30代の女性は、娘も同然。おそれおののいていた日々が、とっても懐かしかったりします。

先輩、今頃、どうしているでしょう。自分も「そこの学生気分!」と(とっくの昔に)言えるようになりましたよ。

2012年公開 香里奈、麻生久美子、吉瀬美智子出演の映画『GIRL』

本作品が原作の、2012年公開 香里奈、麻生久美子、吉瀬美智子出演の映画『GIRL(ガール)』はこちら。

映画「GIRL(ガール)」
  • その他の奥田英朗作品の感想は関連記事をご覧ください。