【本の感想】貴志祐介『悪の教典』

2010年 週刊文春ミテリーベスト10国内部門1位。
2010年 第1回山田風太郎賞受賞作。
2011年 このミステリーがすごい!国内編1位。

貴志祐介『悪の教典』は、端的にいうと学園バイオレンスものです。

海外で活躍したトレーダーという経歴をもつ高校の英語教師 蓮見。蓮見は、生徒たちにハスミンと愛称で呼ばれる絶大な人気物で、同僚からも一目置かれているのですが、実は、他人には理解不能の利己的な理由により殺人を繰り返すサイコパスだった・・・というお話し。

邪魔ものを一人づつコッソリと排除していくうちに、ちょっとしたミスから、エスカレートし大量殺人せざるを得なくなって・・・、という展開です。

教師が生徒を制裁する作品をあげると、湊かなえ『告白』黒武洋『そして粛清の扉を』 、海外作品でいうとジョー・ゴアズ『野獣の血』ぐらいが思いつきますが(興味があればリンクから感想を参照ください)、これらはあくまで私憤が動機です。本作品は、動機という点で一線を画します。

自身の欲求を充足させるための、手練手管の末に行われる殺人は惨さ極まれりですが、リアルさが欠如してるせいか抵抗なく読み進められます。主人公の非道ぷりにムカムカするものの、知力・体力振り絞った生徒たちの反撃に対して、excellent!の感嘆がでると、笑えたりするのです。読み進めていくうちにサイコパスとしての性質が剥き出しになる蓮見のキャラ設定が秀逸です。

読了したときの後味は悪いですね。良くも悪くも復讐という欲求が果たされるわけではありませんから。

映画では監督が続編を示唆したようですが、果たして原作はどうでしょう。あるかもなぁ・・・

鳥山英司画の漫画『悪の教典』

鳥山英司画の漫画『悪の教典』はこちら。

2012年公開 伊藤英明主演 映画『悪の教典』

2012年公開 伊藤英明主演 映画『悪の教典』はこちら。

映画「悪の教典」