【本の感想】奥田英朗『マドンナ』

本の感想 奥田英朗『マドンナ』

奥田英朗『マドンナ』は、勤め人として一番大変な時期のおっさんらが主役の短編集です。

不惑の歳であるはずが、迷いに迷っている男たち。四十にして惑わずなんて今や昔なんだと痛感してしまいます。

大企業に勤めるキャリア・ウーマンを快活に描いた『ガール』に比較すると、なんと、哀しいことでしょうか。 いじらしくも、情けなくもあり、同じ年代の男性は、まるで鏡を見ているような気になのではないですか!

とはいえ、読んでいていやな気分になるわけではなく、「あるある、わかるよその気持ち」と首肯することしきりなんです。

同病相憐れむに近いのかもしれませんね。

登場人物それぞれは、大企業のよいポジションを得ているように想像されます。それでも、男とは悩み多き生き物なのです。

「マドンナ」は配属された部下に恋心を抱いてしまった男性を、「ダンス」は出世に意欲を持ちながらそれとは違う生き方への迷いを感じる男性を、「女房は総務」は着任先に溶け込めないエリート街道まっしぐらの男性を描いています。

自分のお気に入りは二作品です。

新任の優秀な女性上司に反発する男性の姿が痛々しい「ボス」。女性、男性のそれぞれの価値観のぶつかり合いが如実にあらわれています。どうしても同性のよしみで男性の方を応援してしまい、めったうちにあう男性の姿にイライラがつのります。ラストは、ほっこりで救われました。世の中、国の政策もあってか、企業において女性管理職が多く輩出されるようになりました。能力的には、女性の方が優秀ですから、今後はあちこちで普通に見られる光景なんでしょう。

「パティオ」は他の作品とちょっと毛色が違っていて、仕事を通して人との出会い、そして面映ゆい親子の関係へと広がりを見せます。男親と息子の不器用な愛情が、自分自身を見ているようで胸がアツくなります。この短編集ではNo1の作品です。

迷いの中にいるうちは、少なからず若さを感じられるように思います。それだけ選択枝があるのですから。自分? 選択枝 ・・・ そんなにないなぁ ・・・

  • その他の奥田英朗作品の感想は関連記事をご覧ください。