【本の感想】船戸与一『山猫の夏』

本の感想 船戸与一『山猫の夏』

1984年 週刊文春ミステリーベスト10 国内部門 第4位。 
1985年 第6回吉川英治文学新人賞受賞作。
1985年 第3回日本冒険小説協会大賞受賞作。

ビーステルフェルト家とアンドラーデ家が、百年のおよぶ抗争をつづけるブラジルの町エルクウ。ビーステルフェルト家は、山猫=弓削一徳に、アンドラード家の息子と駆け落ちした長女を連れ戻すよう依頼します。山猫は、捜索隊を編成し、二人の追跡を開始しますが、一方で、アンドラード家も傭兵達を差し向けるのでした。 ・・・ 

船戸与一『山猫の夏』は、灼熱のブラジルの中で展開される流血の冒険小説です。冒頭の、ブラジル版ロミオとジュリエットの逃避行はほんのさわりでしかありません。中盤から町全体をぶっ壊すほどのスケールのでかい物語へと広がりを見せます。

外国を舞台としながら、日本人を主役としているのですが、全く違和感がありません。むしろ、日本的な価値観が垣間見えるところが、本作品の魅力でしょう。

昔のウェスタン映画で見られるベタなシーンもありますが、そこはご愛敬。登場人物は、敵役、脇役を含めて皆、個性的です。まるで映像を見ているかのように彼らの一挙手一投足を思い描くことがでます(どんどん、やられちゃうんだけど)。とくに山猫のキャラクターは秀逸ですね。嫌味なほど” 俺TUEEE”的な発言と行動は、ここまで徹底されると、心地良ささえ感じてしまいます。絶対的な安心感とでもいいましょうか。その分ラストの衝撃はデカいのです。 

船戸与一作品はここから入るのが良いでしょう。 南米三部作(船戸与一『山猫の夏』、 『神話の果て』『伝説なき地』の三作品を指します)の中では本作品がオススメです。

柳澤一明画 漫画『山猫の夏』

本作品が原作の、柳澤一明画 漫画『山猫の夏』はこちら。

  • その他の船戸与一作品の感想は関連記事をご覧ください。