【本の感想】船戸与一『神話の果て』

本の感想 船戸与一『神話の果て』

1985年 週刊文春ミステリーベスト10 国内部門 第7位 。

船戸与一 南米三部作 (『山猫の夏』、 『神話の果て』、『伝説なき地』の三作品を指します) の第2弾です。第1弾の『山猫の夏』と、日本人が主役の冒険小説であることは共通ですが、ストーリー上のつながりはありません。

舞台は政情不安定なペルー。天然ウラン鉱床を発見したアングロ・アメリカン鉱業は、一帯を支配するゲリラ組織カル・リアクタを壊滅させるため、指導者ラポーラの密殺を計画しています。アングロ・アメリカン鉱業から依頼を受けた破壊工作員の日本人 志度正平は、日系の革命家になりすまし、カル・リアクタに潜入を試みます。志度の前に立ち塞がるのは、利権をめぐってゲリラ組織の壊滅を阻止したいCIAエージェント ジョージ・ウェップナー、そして、ただ命を奪うためだけに志度をつけ狙うカンボディア人の暗殺者ポル・ソンファン。アンデスの高地で繰り広げる血みどろの戦い。はたして、志度の運命は ・・・ という展開です。

冒頭の、酒浸りの”弛緩”した生活を続ける志度が、仕事のために身体をつくっていくというプロセスは、自分のお好みの設定です。世話になった娼婦に大金を残し、背中で別れを告げ、無言で去っていく。このくささがたまりません。

官憲の目をくぐり抜け、他の工作員を排除しながらのゲリアへの潜入行は、まさに艱難辛苦といったところ。次々にまき起こる障害を、プロフェッショナルな冷徹さで切り抜けていきます。志度の、元文化人類学者にして殺戮衝動に目覚めた男というキャラクターに没入するのは、なかなか難しくはあるのだけれど。

キーパーソンと思われる人物が、あっさりと命を落としてしまうのは船戸流。主役といえども安穏としていられません。緊迫感は途切れることなく持続します。ゴルゴ13の原作者でもあった著者ならではで、銃撃シーンの描写には力が入っています。『山猫の夏』と同様、懐かしの西部劇を彷彿させる冒険小説です。ペルーという自分にとっては未知の世界が、スケールの大きさとリアルを感じさせます。

全編の血なまぐささや決着のつけ方からすると、本作品は男性読者向け小説なんだろうなぁ。

  • その他の船戸与一作品の感想は関連記事をご覧ください。