【本の感想】サラ・クーパー『会議でスマートに見せる100の方法』

本の感想 サラ・クーパー『会議でスマートに見せる100の方法』

プレゼンで、「言いたいことは、3っつあります」で切り出すと、何やら賢い人のように錯覚したことがあります(3っつ目は..絶句…忘れちゃったと言った人もいましたが)。

今やありふれたプレゼンテクニックなので、感心することはなくってしまいました。それでは、ということで、よこしまな思いでテクニックを学ぶべく、サラ・クーパー『会議でスマートに見せる100の方法』を手にとってみました。

本書は端的にいうと、ビジネスシーンにおける、いわゆるアメリカンなハッタリ本ですね。

イラストと短い文章で100のテクニックが記載されており、絵本感覚で読むことができます。会議室の座る位置、参加者への絡み方等々、デキるヤツに見えるテクニック満載!・・・と言いたいのですが、日本のメタボなお父さんにはハードル高すぎでしょう。

『「それは正しい質問かな?」と逆質問をする』とスマートに見えるそうですが、欧米人のこのユルさというか遊び感覚が世界のビジネスを引っ張っていくんだろうなぁ、という感慨にふけってしまいました。

なんだかんだと言ってもかの国の人はハートが強いし、耐性ができていますから。日本人がやると嫌われるかもしれないギリギリの賭けでしょうか。会議でジョークをぶちかますことすら、うむむな職場ってありますよね。

結局ですね・・・これは…無理…