【本の感想】重松清『流星ワゴン』

本の感想 重松清『流星ワゴン』

本を読んで泣くことは、ほとんどありません。

ストレス発散には涙を流すことも効果的らしいので、泣けるといわれる本をたまに手に取るのですが、ほぼ期待はずれに終わります。映画はイチコロなのに。やっぱり、想像力が貧困なんでしょうね。

重松清『流星ワゴン』は、珍しく泣けました。おお泣きです。

モスバーガーで、モーニングのチーズバーガーを食べながら、最終ページで嗚咽をもらしてしまいました。周りのお客さんには、朝っぱらから、不気味な人を演じてしまいました。すみません。

死んじゃってもいいかなあ、もう

主人公の永田一雄は、不幸のどん底です。妻の美代子から不倫のあげく離婚を切り出され、息子の広樹の家庭内暴力に悩まされています。おまけに一雄自身がリストラで退職を余儀なくされているのです。

ある夜、一雄のもとにワゴンがとまり、ドライブに誘われます。運転手は橋本義明さん。そして助手席には健太くん。彼らは5年前の交通事故で亡くなった親子でした。

一雄は、ワゴンに乗せられ、過去を反芻する旅に出ます。未来は決して変えることができないのが旅のルール。不幸な過去を繰り返すことにいたたまれない一雄。そこに、余命いくばくもない絶縁状態の父 忠雄が姿をあらわします。忠雄は、一雄と少しも変わらない歳格好でした。 ・・・

年とともに、夫婦の関係だったり、親子の関係だったり、しっくりいかないことも多くなってくるわけですが、打開策がなかなか見つかりません。一雄のように極端ではないけれど、不幸の萌芽はどこにでもあるような気がするのです。あの時のあの一言さえなければとかね。

一雄は、過去を繰り返す中で、別の選択肢を選ぶのだけれど、スッキリと改善されていくわけではありません。これまで気づかなかった多くのことが、一雄の前に明らかになっていくだけです。一雄自身には、決定的な落ち度が見当たりません。だから、余計辛くなります。自分は、読み進めなながら、苦い顔をしていたに違いありません。

本作品では、一雄と広樹、一雄と忠雄=チュウさん、橋本親子、三つの親子関係にスポットがあたっています。最後まで、彼らの関係に明るい未来がひらけるわけではありません。でも、かすかな兆しは見出すことはできます。

壊れた関係の再構築は、一朝一夕にできません。目を背けたくなるような嫌なことにも、正面から向き合わなければならないでしょう。本作品は、とても大切な示唆を与えてくれます。だから、泣けてきたんでしょう。

泣きたいときは、重松作品がいいよね(そういえば、『ナイフ』も泣けたっけ)。

2015年 西島秀俊主演TBS日曜劇場『流星ワゴン』も好調でしたね。原作とはちょっと違っていて泣けませんが。

  • その他の重松清作品の感想は関連記事をご覧ください。