【本の感想】麻耶雄嵩『翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件』

本の感想 麻耶雄嵩『翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件』

麻耶雄嵩『翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件』は、噂にたがわぬぶっ飛んだミステリです。「問題作」と言われるのも 宜なるかな。読む前の予習では、小栗虫太郎『黒死館殺人事件』のオマージュとのことだったので、アンチミステリーの系譜かと思っていました。・・・で。

素封家の豪邸で起こる連続斬首殺人事件。挑むは探偵木更津悠也。ドロドロの人間模様の中で展開される不可能犯罪は、どこかで見たような(読んだような)如何にもな舞台装置といい、昭和初期の明快な探偵小説のようではあります。しかしながら、本作品は一筋縄ではいきません。二転三転(さらに転々)する真相に唖然茫然です。

不可能犯罪を暴くため、探偵らは推理を幾度も組み立て直すのですが、どんどん荒唐無稽になっていきます。いやいや、そこまでいったら超常現象でしょう。ところが、衒学的ともとれる書きっぷりに惑わされ、あり得ないというツッコミをする事すら忘れてしまいました。 アントニイ・バークリー『毒入りチョコレート事件』 のような、ロジカルな推理合戦ではないのです。 どこまでも大きくなる風呂敷は、畳んでいるのやら、ほったらかしているのやら。

オレってスゲぇな名探偵 木更津悠也、なかなか登場しないまぼろし(?)の”銘”探偵 メルカトル鮎。デビュー作から、将来のシリーズキャラクターが共演するという荒業です。

探偵役の度重なる交代劇はさておいて、「メルカトル鮎最後の事件」という副題の意味が、本作品の大いなる謎です。これが明らかになったときの衝撃はでかいですね。アンチミステリという表現が正しいのかはわかりませんが、既成の概念をぶっ壊した作品なのでしょう。

著者21歳のデビュー作。ならば、一般的にその作品には初々しさをみるのですが、恐ろしいものを読んでしまったというのが実感です。(これ以降の作品も恐ろしいんですがね)