【本の感想】舞城王太郎『好き好き大好き超愛してる。』

本の感想 舞城王太郎『好き好き大好き超愛してる。』

『好き好き大好き超愛してる。』

芥川賞候補でありながら、審査委員の御大に毛嫌いされタイトルです。この元東京都知事の言は話題になりました。確かに、売れないJ-POPでも使わないようなフレーズであるゆえに、自分も舞城作品でなければ手にとることはなかったでしょう。モーニング娘。的な読点が気になりましてね。

ところがどうでしょう。読み終えてみれば、あら不思議。このタイトルは、口ずさんでみたくなるほど、ぴったり、しっくりくるのです。もちろん、実際に好き好き大好き超愛しているマルを発すると、アブねーじいさんになってしまうので脳内で堪能するだけです。

本作品は、「愛は祈りだ。」で始まる饒舌な物語です。死を目前にした恋人とのひととき、そしてその後を描いていますが、苦しみや悲しみを超越してくれるのです。

死後に送られてくる恋人からの手紙なんていう、洋画を思い起こさせるホロ苦さを折り込みつつ、夢の直し方を教えてくれるおじさん(ミスターシスター)が登場するファンタジーや、主人公 治が描く作中作の スペース・オペラ 「ラリアット・ポイント11助けて用務員のサ駅さん!」をぶっこんできます。

愛を高らかに謳いあげながら、全くクサくはない。支離滅裂なようで、一本筋がとおっている。この世にいない女の子への溢れんばかりの思いのたけ。饒舌文体が拍車をかけます。

パスカルは言った。愛し過 すぎていないなら、充分に愛していないのだ 。

相変わらず一筋縄ではいかない舞城作品。著者の祈りを理解したのかやや心許なくはあります。こりゃまた、びっくり仰天のラブ・ストーリーでした。

2007年公開 ヒラリー・スワンク主演『P.S. アイラブユー』

さて、洋画のようなと書きましたが、2007年公開 ヒラリー・スワンク主演『P.S. アイラブユー』は、亡き夫から手紙が届くというラブストーリーです。 悲しみにくれる主人公ホリーが、その手紙に導かれて...。旦那サイコーっす。

映画「P.S. アイラブユー」
  • その他の舞城王太郎作品の感想は関連記事をご覧ください。