【本の感想】柳広司『怪談』

柳広司『怪談』

柳広司『怪談』は、小泉八雲の『怪談』のオマージュで、舞台を現代に置き換えたミステリ仕立ての短編集です。

夢オチか?・・・そして・・・など、謎解きよりも奇妙な味の方が近いでしょうか。この手の作品は、往々にして、スラスラ読めて、スカッと忘れしまうのです。そもそも、本家本元の『怪談』を、しっかりと読んだことがありませんしね(今回は、チラ見しました)・・・

■雪おんな
ミノワ工務店の跡取り蓑輪健太郎は、業界パーティーで、ゆきと名乗るコンパニオンに、何故か惹かれます。謎めいたゆきに、のめり込む健太郎。そして、ついにプロポーズを決めるのでした・・・

あまりに有名な「雪おんな」をどう料理してくれるか、期待してしまいました。オチは、思いがけないものなのですが、タイトルからのミスリードは、今一歩でしょうか。

■ろくろ首
磯貝平太の勤務する病院の菊地院長が失踪しました。実は、薬の横流しを咎められた平太が、院長を殺害しバラバラにしたのです。警官にしらを切り通す平太でしたが・・・

本家本元の「ろくろ首」を知らないとハテナ?となります。そう、ろくろ首は、首た長く伸びるだけではないのです。

■むじな
赤坂俊一は、坂道でDVにあったと思しき女性を助けます。彼女を連れて家に向かうとそのには死体が。交番に駆け込んで事情を説明するも、赤坂は逮捕されてしまうのです・・・

どうもこのオチは、好みではありません。怪談をテーマにしているから、ギリセーフ?ちなみに、”むじな”は、”のっぺらぼう”のことですね。

■食人鬼
室田勝巡査長と作庭邦男巡査は、絶滅危惧種の肉を食す「美食倶楽部事件」を捜査し、人肉を発見します。室田が本庁に応援を要請しているうちに、作庭は睡魔に襲われて・・・

テレビではタブーですが、「ほんとにあった怖い話」調のお話しです。ちなみに、本家本元では、”じきにんき”と読みます。

■鏡と鐘
遠江聡美の元に身に覚えのない宅急便が届くようになります。聡美を語ったボランティア物資大募集サイトが存在するようです。探偵の井川に調査を依頼したところサイトは聡美自身が依頼して作成されたものだと判明します。しかし、聡美は憶えていません・・・

お話しとしては面白いのですが、欲を言えば、本家本元の「鏡と鐘」のオチに解釈を与えるような結末が読みたかったなぁと。

■耳なし芳一
《鬼火》ボーカル枇杷木芳一ことヨシカズは、正体不明の女性の前でライブをしています。条件は、6日の約束を誰にも言ってはいけないというもの。しかし、ヨシカズは、ライブハウス「阿弥陀堂」のオーナー赤間元了に、打ち明けてしまうのでした。程なくして、ヨシカズはライブ中に怪我を負ってしまいます・・・

本短編集のラストを飾るのは、ご存知「耳なし芳一」。ストーリーが本家本元をなぞっており、なおかつオチが効いています。本作品がマイ・ベストです。

本家本元の『怪談』を読むのが億劫な方は、鷹の爪団の『3分で分かる小泉八雲の怪談』シリーズをご覧あれ。