【本の感想】ピョートル・フェリークス・グジバチ『世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか』

本の感想 フェリークス・グジバチ『世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか』

グーグルというと、入社試験の難易度(奇問度?)が高い!、社員がとんがってる!、超最先端!、福利厚生が凄い!、なんてことが世に喧伝されています。極度に個人の能力が先鋭化された企業という印象を受けますね。

ピョートル・フェリークス・グジバチ 『世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか』は、端的に言うと、元グーグル社員が語る、グーグルでの働き方です。如何にして個人技に磨きをかけるか、が趣旨なのだろうと想像しました。しかしながら、副題に「 グーグルの個人・チームで成果を上げる方法 」とあるとおり、チームで成果を出すためには何が必要か、に力点が置かれています。

本書の示唆するところは、無駄をことごとく廃し、有用な事にこそ時間をかけるとべきという当たり前のことです。以下の、筆者の言には共感すること頻り。

クリエイティブな発想が求められるときに、精緻な数値分析はいらないどころか、かえって邪魔になります。必要なのはひらめき、直観、研ぎ澄まされたセンスです。

旧態依然のマネジメントは、発想の根拠を数値に求める傾向にあります。分析しても出てくるのは数学的に正しいひとつの答えだけ。サイエンスとアートの違いが分かっていないのです。

コレクティブ・インテリジェンス、つまり集合知こそ、クリエイティブな発想を生み出す秘訣なのです。

集合知を構成するには、前向きさ(ポジティブ)のような、ある一定のマインドは必要でしょうね。日本には烏合の衆という言葉がありますから。

本来、何のために企画会議をするのかといえば、高いアウトプットを生み出すためであって、評価するためではないはずです。

ダメだしをすると仕事をした気になる。これまた、旧態依然のマネジメントスタイルです。企画会議におけるNGワードは頭では理解しているものの、発言せねばで沸騰すると、ついつい言ってしまうんですね。

成功させるためにリスクを挙げているのであって、やめるために挙げているわけではないのです。

これを、ズバっと言い切ってしまうあたりに、グーグルのマインドが良く表れていると思います。ネガティブな物言いでリスクを挙げらつらねられると、じゃあ止めましょうと言いたくなりますが、その時には止めるのが最大のリスクの場合もありますよね。「レビュは課題を解決するために行うんだ!」という良く聞く言を思い出してしまいました。

ただ、無駄を廃するといっても、服を選ぶ時間がもったいないから同じ服を、というのはちょっとね・・・

リーダシップというのは、自分の安全領域から一歩出る行動でもあるのです 。

そうそう、それなっ! 著者はあるべきリーダ像にも言及します。慣れ親しんだフィールドの中だけでふんぞり返ってるだけのリーダはいらないのです。ある局面ではファースト・ペンギンにならなくては。

その他、「心理的安全性」、「フィードフォワード」、「ニューロロジカルレベル」、「forミッション・withミッション 」、 「回避思考」と「証明思考」、「学習思考」と「成長思考」といった気づきを与えてくれるワードが盛りだくさんです。自分の血肉とするには、一読しただけじゃダメですね。

メールの多用を避け対面で会話、早めのすり合わせが大切等、本書を読んで、無駄を究極的に排除する思考が、人と人の関係の優先度を下げることではないと、あたらめて気づかされました。何が排除すべき無駄であるのかを的確に理解しているものこそ、”世界一速く結果を出す人”になり得るということです。