【本の感想】南條竹則『恐怖の黄金時代-英国怪奇小説の巨匠たち』

南條竹則『恐怖の黄金時代-英国怪奇小説の巨匠たち』

南條竹則『恐怖の黄金時代-英国怪奇小説の巨匠たち』は、ニ十世紀初頭に活躍した英国怪奇小説の案内書です。本読みなら、怪奇小説に詳しくなくともブラックウッドラヴクラフトは耳にしたことがあるでしょう。現代まで名を遺す作家を多数輩出した事実から、まさにこの時期は黄金時代と言えるのです。

本書には、ブラックウッドマッケンラヴクラフトM・R・ジェイムズベンスン兄弟メイ・シンクレアM・P・シールH・R・ウェイクフィールドと、彼ら(彼女ら)に影響を与えた人々、及び作品がとり上げられています。

作品の解説は、簡単な要約で結末まで触れられているので、これから読もうという方には目に毒かもしれません。要約であると怖さはないのですが、ストーリーの展開の仕方によっては、十分に恐怖を味わうことができるだろうと想像します。

かく言う自分は、アンソロジーで幾つかを目にしたくらいで、巨匠たちの作品を思いれを込めて読んだわけではありません。スティーヴン・キングを始めとする(怖くない)モダン・ホラーをたまに手に取りましたが、古色蒼然たる正統派ホラーに触手は動きませんでした。怪奇小説は、マニアック向けの印象もありますし。

本書で、巨匠らの怪奇小説に専心した人生を知ると、ふつふつと読書欲が湧き起こります。紹介されている作品の内容を忘れてしまった頃に、改めて読み始めようとも思うようになりました。オカルティズムを信奉している作家、怪奇小説を書くこととオカルティズムを切り離している作家等、取り組む姿勢は様々です。総じて賢く、プライドが高く、そして金銭的にはあまり豊でなかったようですね。

注目したのは、第三章「師匠と弟子」の、劇作家のダンセイニ卿ラヴクラフトに関する解説です。クトゥルフについては、ほとんど記載がなく、ラヴクラフトの不遇と、ダンセイニ卿に対する創作へのアツい思いが中心です。ラヴクラフトが生涯、いちアマチュア作家を貫いたことに驚きました。ますます興味が湧いてきます。

第六章「レドンダ島の王たち」の、M・P・シールから続く王位継承のすったもんだも興味深いですね。怪奇小説とは直接関係ありませんが、物語ではなく実在するレドンダ島の王という存在と、それにまつわる人間模様は奇々怪々。もう少し、このあたりを掘ってみたくなりました。

本書は、紹介文にある通り、とても格調高い文書でつづられています。著者の、怪奇小説への並々ならぬ知識と愛情を感じる良書です。

巻末に著者が翻訳したM・R・ジェイムズ「枠の中の顔」が、付録として掲載されています( 本邦初訳)。うんうん、不気味ですね。