【本の感想】シャーリイ・ジャクスン『丘の屋敷』

本の感想 シャーリイ・ジャクスン『丘の屋敷』

シャーリィ・ジャクスン(Shirley Jackson)『丘の屋敷』(
The Haunting Of Hill House) は、ロバート・ワイズ監督『たたり』(1963年)、ヤン・デ・ボン監督『ホーンティング』(1999年)の原作です。『山荘綺談』から、出版社をかえ『たたり』として新訳になり、『丘の屋敷』に改題されています。ホラー映画好きの自分は、『ホーンティング』を見たのだけれど、恐ろしくもなんともない作品でした。

原作の方はリチャード・マシスン『地獄の家』(ジョン・ハフ監督『ヘルハウス』で映画化)、スティーヴン・キング『シャイニング』(スタンリー・キューブリック監督同名タイトルで映画化)に影響を与えたそうです。なるほど、幽霊屋敷に集ったものたちに迫り来る怪異という典型的なゴーストストーリーになっています。

心霊学研究者モンタギュー博士は、<丘の屋敷>の不可思議な現象を調査するため、協力者としてエレーナ、セオドラ、<丘の屋敷>の持ち主の甥ルークを呼び集めました。八十年の長きに渡り来るものを拒むかのようにひっそりと佇む<丘の屋敷>は、迷路のような回廊と歪んだ構造、そして不気味な装飾で4人を戸惑わせます。母親からの精神的な呪縛から逃れるため調査に参加したエレーナ。お互い初対面のモンタギュー博士、セオドラ、ルークは、引っ込み思案なエレーナを暖かく迎え入れます。しかし、<丘の屋敷>に怪異が訪れるとき、4人の関係は徐々に変化していくのでした。 ・・・

本作品は、派手な演出で読者を震え上がらせる類のホラーではありません。

油断しているとフイと視界を横切るものがいる といった得体の知れない不気味さです。怪異な現象も、直接的に人々を攻撃するものではなくて、精神へ影響を及ぼしていくのです。

ストーリーは、過去に心霊現象を体験したエレーナを中心にして展開します。<丘の屋敷>の意思に共鳴するがごとく、醜くゆがんでいくエレーナの心理状態に、じわじわとした恐怖を感じるでしょう。深夜に大きな音を出して部屋叩きまくる何ものかがいる。部屋の壁を真っ赤に塗りたくった何ものかがいる。一晩中手を握っている何ものかがいる。しかし、怪異な現象を巻き起こす真の正体は分からない。はたして、エレーナはどうなっていくのでしょう。

本作品は、登場人物たちの個性がきっちりと描かれています。だから、エレーナが、親しみさえ覚えていた美しいセオドラへ、徐々に憎しみを掻き立られていく様が面白いのです。女性作家ならではの感性で、ふとした所作への嫌悪感を巧みに表現しています。屋敷の管理人ダッドリー夫妻の冷淡さ、途中から調査に参加するモンタギュー博士夫人、その友人のアーサーの俗物さなどは、ストーリーへの隠し味のようです。こんなバケモノ出てきました~ というのが苦手な方にも楽しめる作品です。

本作品の内容からすると、『たたり』というタイトルは扇情的すぎるのでしょう。だから、『丘の屋敷』に改題したのかな。これは、これで地味ではありますね。

映画『ホーンティング 』

本作品が原作の、1999年公開 リーアム・ニーソン主演 映画『ホーンティング 』は、こちら。テレビでたまに放映されるので、ご存知の方は多いでしょう。