【本の感想】服部正『アウトサイダー・アート』

本の感想 服部正『アウトサイダー・アート』

既成のシステムからの逸脱をアウトサイダーというのならば、アートの世界にもアウトサイダーがいます。彼らの芸術は、本来アートが持つべき自由と奔放さに彩られ、それに触れるものにトキメキを与えます。

アウトサイダー・アート。

アートの枠組みにとらわれないアートという不可思議な概念。服部正『アウトサイダー・アート』は、そんなアウトサイダー・アートをとおしてアートの本質を解き明かしてくれます。

そもそも、アウトサイダー・アートは病理的な印象がつきまとってしまうのですが、本書では、正当な美術教育を受けていないなど、美術と無縁な人たちが作った作品全般をさしています。精神病であったり知的な障害があるということはあくまで結果論であって、アウトサイダー・アートの必要条件ではないとしています。

本書では、アウトサイダー・アートの芸術性がどのように認知されてきたかをひも解きます。ブリンツホルンに発見され、ドイツ表現主義の画家やシュルレアリストによる評価、そしてデュビュッフェのアール・ブリュットへ。日本では山下清をプロモーションした式場隆三郎をとりあげます。

ここで著者は、戦後の日本においてはアウトサイダー・アートは、常に知的障がい者の教育とともに存在したということに注目しています。「重い十字架を背負う」という表現で、芸術は善行が目的ではないと主張します(著者は、善行そのものを否定しているわけではありません)。福祉的な理念を語ると、美術という制度の問題提起ではなくなってしまうというのです。アウトサイダー・アートであることの定義からすると、教育そのこと自体が矛盾を孕んでしまうことになりますね。

アウトサイダー・アートの作り手には、本人だけに首尾一貫した、描かずにいられない内的な物語があるといいます。孤立無援の一代限りぶりがアウトサーダ・アートの独自性の本質ということです。本書に紹介されている作品の数々と、作り手たちの人生から、夢見ることの大切さ、素晴らしさを感じることができます。なかでも一介の郵便局員フェルディナン・シュヴァルが、道端の石ころを集めて創った「理想宮」は圧巻です。まわりから蔑まれながら三十年余をかけて紡ぎだした、彼の壮大な物語に触れてみたくなります。

既成の枠組みから解き放なたれるということについて考えさせられる一冊でした。

アウトサイダー・アートからは、芸術や表現行為についての答えよりは、疑問や驚きばかりが浮かんでくる。だが、その驚きこそがアウトサイダー・アートが私たちに与えてくれるもの、それは、驚きをもって世界や人間を見つめる新鮮な心だ。