【本の感想】今村夏子『星の子』

今村夏子『星の子』は、謎の宗教に傾倒する両親の元に育った少女の物語です。

林ちひろは、小さな頃、病弱で、それを心配した両親は、新興宗教に救いを求めてしまいます。信者から与えられた水により、元気を取り戻したちひろを見て、両親はどんどん宗教に傾倒するようになるのでした。

5歳違いの姉まさみは、そんな両親に懐疑的です。そして、両親が宗教にのめり込むほどに、親戚や周囲の人々と距離ができるようになります。母の弟、雄三は目を覚まさせようと働きかけるのですが、両親は頑なにそれを拒否します。

本作品は、新興宗教にのめり込むことの恐ろしさを描いたものではありません。このような家庭に育った少女の姿を通して、価値観が違うものへの向き合い方へ一石を投じているように、自分は受け止めました。

姉のまさみに比べてちひろは、世間から見れば奇異な両親を拒絶してはいません。他者の価値観とは相容れないことを理解しつつ、偏見に晒されても委縮することがないのです。中学生のちひろは、時に冷たい言葉を浴びせられながらも、両親を憎むことがありません。ちひろにとっては、他と違うことは深刻なことではないのです。著者は、ちひろの心の中を事細かに明らかにせず、そこは読者に委ねているようです。家を出ることとなる姉まさみと、ちひろの会話には、姉妹の苦悩らしき片鱗が見られるでしょうか。

ちひろは、転校生の美人の渡辺さんと友達になります。この渡辺さんは、ちひろの境遇を知って態度が変わることはありません。むしろ、堂々と宗教のことを話題にします。小さい頃、分け隔てなく遊んでいた子との間に、世間の価値観に浸食されるに従って壁が出来てしまうのは良くあること。ちひろの視点でありますが、渡辺さんの存在は、希望を与えてくれています。

ちひろは、大好きな南先生の似顔絵を何枚も描いています。南先生は、ちひろの両親のことを知り、授業中のあることをきっかけに、ちひろを強く詰ります。ここはクラスメート 釜本さんのエピソードが良いですね。ちひろの周りには、ちひろを理解してくれる人たちもいるのです。

本作品は、深刻さとか悲惨さが殊更表現されていないため、読んでいて辛い気持ちにはなります。ただ、こういう境遇の子というのは第三者が想像するより、ずっと逞しいのかもしれませんね。

ラストは、家族で向かう研修施設「星々の郷」での一夜です。流れ星の降る夜、ちひろ、そして両親は何を思うのでしょうか。ここも著者は、読者に委ねています。このハッキリしない終わり方は、賛否あるでしょう。

文庫巻末の今村夏子 × 小川洋子 対談は、ここに触れられているのですが、読まない方が味わい深かったように思います。

本作品は、2020年 芦田愛菜、永瀬正敏、原田知世 出演で映画が公開されました。