【本の感想】山田悠介『スイッチを押すとき』

山田悠介『スイッチを押すとき』

2030年 日本政府は自殺者の増加を食い止めるため、青少年自殺抑制プロジェクト(YSC)を発足させます。このプロジェクトは、ランダムに選ばれた子供に高ストレスを与え、その経過を観察するというものです。子供たちは5歳になると心臓に機械を埋め込まれ、10歳で両親のもとから離され施設に入れられます。

自由を奪われた孤独な生活から逃れるには、渡されているスイッチを押して心臓の機械を動作させ、自ら命を絶つしかありません。YSCの監視員 南洋平は、転勤先の施設で4人の実験体 高宮真沙美、新庄亮太、小暮君明、池田了と出会います。ほとんどの子供たちは施設に入れられほどなくスイッチを押しますが、彼らは奇跡的に17歳まで生きています。洋平は、彼らと触れ合ううちに力になりたいと思うようになるのでした ・・・

山田悠介『スイッチを押すとき』は、読み始めから、命の大切さ、生きることの意味みたいなものを謳いあげるタイプの作品かと想像しました。しかし、これは、全くハズレてしまいます。

洋平は、自身の処分を顧みず、4人それぞれの望みを叶えるべく行動するのですが、彼らを次々に死に至らしめてしまいます。行き当たりばったりの行動に、高尚な理念は見られません。自分が本作品に入り込めなかったのは、自死する子供たちの悲哀を描いているものの、そこにあざとさを感じてしまうからです。

なぜ、4人だけが特殊なのか。
なぜ、洋平は彼らだけに熱意を持って接するようになったのか。

この疑問は読み進めながら常につきまとってしまいました。

施設を子供たちと脱出した洋平が辿りついた先には、ちょっとしたサプライズが待っています。ここは、良いのだけれど、どうにも救いのない結末で、後味はよろしくありません。(洋平の携帯電話の利用を知って、場所を特定できない国家機関ってどうよっていうツッコミどころもありますね)

本作品は、中学生ぐらいがターゲットの作品でしょうから、生きることの意味について、きっちりと描いて欲しいところです。

2011年 公開 小出恵介、水沢エレナ 出演『スイッチを押すとき』

本作品が原作の、2011年 公開 小出恵介、水沢エレナ 出演『スイッチを押すとき』はこちら。

2006年 放送 成宮寛貴、木南晴夏 出演 テレビドラマ『スイッチを押すとき』

本作品が原作の、2006年 放送 成宮寛貴、木南晴夏 出演 テレビドラマ『スイッチを押すとき』はこちら。

2006年 公演 永山たかし、肘井美佳 出演 舞台『スイッチを押すとき〜君達はなぜ生きているんだ?〜』

本作品が原作の、2006年 公演 永山たかし、肘井美佳 出演 舞台『スイッチを押すとき〜君達はなぜ生きているんだ?〜』はこちら。

おやおや、人気のある作品のようですね。