【本の感想】ディドラ・S・ライケン『冷たい眼が見ている』

ディドラ・S・ライケン『冷たい眼が見ている』(原著)

1988年 エドガー賞 処女長編賞受賞作。

ディドラ・S・ライケン(Deidre Laiken)『冷たい眼が見ている』(Death Among Strangers)は、いわゆるサイコ・サスペンスです。

アメリカの田舎町ベイカーズヴィル。ここで、顔を潰された少女の死体が、墓堀人夫によって発見されます。ジョージ・マーフィ警部補は、”プリンセス・ドゥ”と名付けられた身元不明死体、そして彼女を殺した犯人の捜査を開始します。

本作品は、事件を追う警察官の姿を描いたストレートなサスペンスではありません。

離婚したことから完全に立ち直れないマーフィ。そんな未練たらたらなマーフィに寂しさを覚える恋人のソーシャル・ワーカー エリザベス・カーン。典型的な村社会で、大きな望みもなく埋没していく人々の姿が浮彫になります。

エリザベスの前に突然、現れたのは魅力的な写真家ゲリー・ロルフ。エリザベスはゲリーのむんむんするフェロモンに抗う事ができません。マーフィへの愛に揺れ動いているエリザベスは、ついにゲリーと ・・・ この間は、まさに、あれよあれよ、です。

読者は早々にゲリーが、少女殺人事件の犯人であると気付きます。著者は、別の登場人物にミスリードを仕掛けていますが、これが脆くも失敗してしまうのです(引っかかる人いるのかな)。

猟奇的な殺人を犯した男に、それとは知らず体をゆるしてしまったエリザベス。一方、マーフィは、被害者の身元を探り当て、少しずつ真相に迫っていきます。ここで、エリザベスのよろめきが、サスペンスを盛り上げる・・・はずなのですが、どうも、よろめきそのものに焦点が当たってしまったようです。エリザベスの心理描写は女性作家ならではで、マーフィに同情心が湧いてしまいました。読み進めながら気持ちがざわめきます。

タイトルの”冷たい眼”とは何でしょう。どうしてこの邦題?は謎です。エリザベスを見つめる犯人の視線を表しているのでしょうか。犯人の突発的な暴力衝動を感じさせるシーンはチラホラと見られますが、そもそもの殺人に至る動機が曖昧なままラストを迎えてしまいます。文学的と言われればその通りかもしれませんね。

決着はあっさりめですが、以降、何やら暗雲たちこめそうなマーフィとエリザベス。そこは描かれてはおらず、読者の想像にお任せします、というところでしょう。

(注)読了したのはミステリアス・プレス文庫の翻訳版『冷たい眼が見ている』で、 書影は原著のものを載せています 。