【本の感想】西村京太郎『都電荒川線殺人事件』

本の感想 西村京太郎『都電荒川線殺人事件』

再放送を含めて2時間ドラマをよく見ています。

単身赴任を経験してから、その傾向が強くなったような気がします。ありえない設定を堂々とドラマにしてしまう制作者の心意気をみよ!わざとツッ込みどころを残してくれているとしか思えません。まさに孤独なおじさんのワンダーランド。

2時間ドラマの王様と女王様といえば、西村京太郎と、山村美紗です。

いつも「紅葉でたー!」とひとり歓喜してしまうのだけど、原作の方はまったくといって読んではいません。特にトラベルミステリーは、手を出しにくいのです。小さな文字が見えにくくなったゆえ、時刻表が大敵です。

帰省した折、手持ちの本がなく、母親が持っていた西村京太郎『都電荒川殺人事件』を読んでみました。そういえば母親も2時間ドラマが好物。

本作品は、雑誌『旅窓』のライター青木亜希子が主役の連作短編集です。昭和五十九年に雑誌連載されていた全8話が収録されています。

初版のサブタイトル「旅と恋と殺人と」のとおり、旅して恋して、おまけに殺人事件に巻き込まれるという、2時間ドラマ的ワンダーランドが展開されていきます。よくもまあ、一般人が”たまたま”殺人事件に巻き込まれるものだ というヤボなことを言ってはいけません。眼鏡に蝶ネクタイの小学生だって毎週大変なのですから!

本作品は、2時間ドラマ的ツッ込みどころがしこたま用意されています。

「うそ~ん」

これが、とてつもなく楽しい。

青木亜希子が取材するのは、都電荒川、十和田、四国巡礼、宮崎、修善寺、祇園、サロベツ、信州です。旅の風物詩については、さすがトラベルミステリーの巨匠、お見事!岡本綺堂の『修善寺物語』など、ご当地ゆかりのもの紹介しているのも、お勉強になります。凝りに凝った殺人トリックとは無縁の、まさに旅のお供のような連作短編集です。なにより、時刻表がないの目にやさしくてよい!

なお、「第二話 十和田南への旅」、「第八話 白樺心中行」に十津川警部(ワタセ または ヒデキ または マサノブ  ・・・)がゲスト出演します。

そういえば、青木亜希子役が友近というテレビドラマ版がありましたっけ。イメージにギャップがあるところも、2時間ドラマの楽しいところなのです。多分 ・・・

(あらすじは、ワンダーランドの舞台裏を見せてしまうので書きません)