【本の感想】ウィリアム・H・ハラハン『亡命詩人、雨に消ゆ』

ウィリアム・H・ハラハン『亡命詩人、雨に消ゆ』

1978年 エドガー賞長編賞受賞作。

ウィリアム・H・ハラハン(William H. Hallahan)『亡命詩人、雨に消ゆ』(Catch Me Kill Me)は、誘拐されたソ連からの亡命詩人をめぐるエスピオナージです。

ソ連から亡命した詩人 ボリス・コトリコフが、ニューヨークの路上、白昼堂々と複数の男たちに誘拐されました。 コトリコフ、そして彼を連れ去った男たちの行方は杳として知れません。色めきたつ合衆国政府機関。しかし、アメリカの市民権を持たない<暫定移住者>であるコトリコフは、誘拐事件の捜査対象とはなり得ません。

合衆国司法省移民帰化局の法律顧問ベン・リアリィは、事務的に事を進めようとコトリコフの家族と面会をします。 ところが、悲しみにうちひしがれている彼らの様子を見て、たまりかねず、独断で捜査することを約束してしまうのでした。ソ連のエージェントによる犯行を確信するリアリィ。亡命から二年、何故、政治的活動とは無縁の詩人 コトリコフを拉致したのか、疑問が付きまといます。

コトリコフの行方を追うのは、リアリィだけではありません。CIAのガス・ゲラーからの依頼を受けた、彼の元部下ブルーワーが、コトリコフ奪還に乗り出します。ブルーワーは、自身の不始末を挽回するという個人的理由に突き動かされているのです。コトリコフが何故、誘拐されたのかは関係がありません。

本作品は、リアリィ、ブルーワー、異なる思惑をもつ二人の視点が切り替わって物語が進みます。

ゲラーから、コトリコフの探索を止めるよう命の危機を感じるほどの脅迫を受けるリアリィ。リアリィの不屈の闘志に火が付きます。

出だしから、暴力的とも言える誘拐事件が発生し、期待が膨らむ本作品。リアリィとブルーワー、それぞれのコトリコフ探索行に、しばらくお付き合いすることになります。コトリコフ誘拐の真相をも突き止めようするリアリィ。奪還のためにあらゆる手段を駆使するブルーワー。さぁ、二つの話はどう結びついていくのか、ワクワクです。

ブルーワーは、偽の身分を創り上げ、誘拐の主犯を突き止めていくのですが、ビリヤードに興じたり、隣家の女房といちゃついたりと、途中、振り回されます。
本作品は、冗長なシーンが多いのです。ついにコトリコフの居場所を突き止めたブルーワーは、元サーカス団員の力を借りて、アクロバティックな奪還作戦を繰り広げます(ここに行くまでのすったもんだも冗長!)。命を賭けた脱出劇がクライマックスですね。全体とのバランスを欠くぼどの念の入ったシーンですが、病身の詩人=文科系の人間にこんなことさせる?という疑問が湧き起こります。

一方、リアリィは、コトリコフの送金履歴を追って、一路ローマへ。そこで、ユダヤ人の秘密組織、そしてある人物に辿り着くことになるのです。ここにきて、リアリィは、何故コトリコフが誘拐されなければならなかったか、そして、何故CIAが関与するのか、といった真相を究明し ・・・ ん・・・ ブルーワーの話の流れと一緒にならない ・・・

二つの話が一つに収斂する爽快感を期待しつつ、残りのページ数の少ないのにハラハラしつつ、これで終わりかい!と、非常に残念な思いをしてしまいました。それぞれの話は詰まらなくはないのだけど、ジェットコースターになりきれず、そして、スカっと感が小さいという、地味な作品です。

エドガー賞ねぇ ・・・ また嘆息してしまったよ。

(注)読了したのはハヤカワ文庫NVの翻訳版『亡命詩人、雨に消ゆ』で、 書影は原著のものを載せています 。